日本における歯科医療利用の地域的不平等を大規模調査で発見

日本における歯科医療利用の地域的不平等を大規模調査で発見

カテゴリー
記事提供

© Dental Tribune

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

筑波、日本:医療は、地域によって権利であったり贅沢であったりします。健康を維持するためには欠かせないものですが、すべての人が簡単に医療を受けられるわけではなく、歯科を含む特定の医療サービスへの利用を大きく妨げている場合もあります。例えば、日本の研究者は、日本は経済的に発展しており、多くの歯科医師がいるにもかかわらず、社会経済的な不平等が存在し、患者が積極的に予防歯科治療を受けようとしないことを最近発見しました。

「1960年代、日本の社会では歯科医師が不足しており、政府は歯科医師の数を増やす政策を採用した。その結果、日本は世界でも有数の歯科医師数を誇り、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で第8位となっています」と、筆頭著者である筑波大学医療サービス学系の平健人研究員はデンタルトリビューンインターナショナルに語った。
「それにもかかわらず、近年、政府のサンプル調査では、日本の歯と口腔の健康に不平等が現れていることが指摘されており、その原因として歯科医療の供給や社会経済的要因が挙げられています。それにもかかわらず、全国レベルでの歯科医療の利用状況に関する調査はほとんど行われていません。さらに、全国レベルの調査を可能にするような公的調査も行われていません」と続けました。
平さんによると、国内ではむし歯の発生率は着実に減少しているという。しかし、高齢化社会の到来と、それに伴う高齢者の残存歯数の増加により、歯周病の発生率が増加し、国内の歯科医療に対する需要が変化してきた。その結果、日本の社会では、高齢者層への在宅歯科医療の提供や、入院患者の口腔機能管理が重要になってきています。

日本の歯科医療の利用

研究者らは、人々がどのように歯科医療を利用し、どのような治療を求めているかを知るために、2017年4月から2018年3月までの約1年間にわたる2億1,600万件のデータを使用し、外来受診、アウトリーチサービスの利用、歯の詰め物や入れ歯などの治療を求めることなどの指標を調べました。データは日本のさまざまな地域で調査され、研究者たちは、所得や教育などの特定の社会経済的要因が結果に影響を与えているかどうか理解を求めた。
「本研究は、ほぼ全人口をカバーする医療保険請求データベースの情報を用いて、歯科医療の利用状況の違いを全国レベルで分析した初めての研究です」と平は述べています。「今回の研究により、日本では歯周病治療やアウトリーチサービスにおける歯科医療の利用に大きな地域差があることが明らかになりました」とコメントし、DTIに対し、日本には多くの歯科医療機関があり、多くの歯科医師が働いていることから、今回の結果には驚きを隠せないと語りました。

「しかし、抜歯や重度の齲蝕に対する抜髄、ブリッジや義歯などの咬合修復治療など、緊急かつ必要不可欠な歯科治療においては、このような地域格差はあまり目立ちませんでした」と述べています。
また、所得や教育水準が予防歯科治療の受診に直結していることもわかりました。すなわち、所得や教育水準が低い地域に住んでいる人は、歯周病の治療や歯石除去などの歯科治療を受ける可能性が低いことがわかりました。研究者たちは、貧しい地域では、患者が歯科医院を訪れたときには、歯の病気がすでに進行している可能性があると指摘しています。また、そのような患者さんは、咬合リハビリテーションが必要であったり、歯を残すことが困難であったりすることが多いとのことです。

歯科への影響

今回の調査結果は、日本の歯科医療に大きな影響を与えるものです。共同執筆者である田宮菜々子教授(同大学医療サービス研究科長)によると、歯科治療を受けないことで歯を残すことが難しくなり、最終的には患者がより重度の治療を必要とするようになる可能性があるという。「このような不平等を知ることは、不平等を是正するための重要な第一歩です」とプレスリリースで述べています。

「現在の日本の歯科医療システムは、成人や高齢者の歯周病ニーズの増加や、歯科医療へのアクセスが困難な患者さんのニーズなど、将来の疾病構造の変化を予見して、需要と供給のバランスを保つように変えていく必要があると考えています」と平氏は指摘する。
本研究の結果は、将来の社会的ニーズに適応した歯科医療制度を検討する上で、必要不可欠かつ基礎的な情報を提供するものです。我々の研究結果は、将来の日本社会に適した歯科医療制度を変更・構築するために、地域的・社会経済的な不平等を是正するという観点から、政策立案者に重要な影響を与えるものと考えています」と結んだ。

「Regional inequality in dental care utilization in Japan: An ecological study using the National Database of Health Insurance Claims "と題されたこの研究は、Lancet Regional Health誌のオンライン版で、2021年6月13日に掲載されました。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Iveta Ramonaite, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる