臨床|医療ニュース

日本における歯科医療利用の地域的不平等を大規模調査で発見

筑波、日本:医療は、地域によって権利であったり贅沢であったりします。健康を維持するためには欠かせないものですが、すべての人が簡単に医療を受けられるわけではなく、歯科を含む特定の医療サービスへの利用を大きく妨げている場合もあります。例えば、日・・・

© Dental Tribune

臨床医にとっての悪夢である背中の痛み

腰痛は、座ったり立ったりする姿勢が正しくない場合に生じる最も一般的な症状の一つです。腰痛は、徐々に起こる場合もあれば、突然起こる場合もあります。多くの歯科医師は、腰痛を経験して初めてその影響の大きさに気付きます。幸いなことに、長期にわたって・・・

© Dental Tribune

人工知能がインプラント治療の結果を予測できるかもしれない

ミシガン州、アナーバー(米国):無歯顎患者の治療法としてインプラントが益々一般的になるにつれ、その潜在的な副作用を理解することがより重要になっています。今回、米国の研究チームは、インプラント患者がインプラント周囲炎を発症するリスクを歯科医師・・・

© Dental Tribune

口腔医療従事者の健康を維持するための仕事上の要因を明らかにする研究

リンショーピング(スウェーデン): 口腔医療従事者の健康と健康的で有意義な労働生活に関連する要因に焦点を当てた研究は、ほとんどありません。スウェーデンの様々な保健機関の研究者たちは、どのような口腔医療従事者が職場で健康を維持しているのか、ま・・・

© Dental Tribune

若年層歯科患者の疼痛管理の重要性

イェテボリ(スウェーデン):スウェーデンでは、子どもや青少年が20歳になるまで無料で歯科検診を受けることができます。そのため、彼らの口腔内の健康状態については多くのことが知られていますが、スウェーデンの若年層の歯科患者が受ける口腔内の痛みや・・・

© Dental Tribune

【プレスリリース】神奈川歯科大学の研究グループが新型コロナウイルス非感染者の唾液中にS蛋白に対する交叉IgA抗体を発見

口腔の粘膜免疫の強化が新型コロナウイルスの感染防止に役立つ可能性を提示 神奈川歯科大学大学院環境病理学分野の槻木 恵一教授らの研究グループは、新型コロナウイルスに対する交叉IgA抗体を非感染者(感染既往なし)の唾液中に発見しました。唾液中の・・・

© Dentwave.com

医療従事者の23%が新型コロナウイルスのワクチン接種を躊躇していることが判明

ロンドン(英国):世界のリーダーたちが予防接種プログラムの展開を続け、一般の人々に予防接種を受けるよう呼びかけている中で、一つはっきりしていることがあります。医療従事者は、感染のリスクが高いため、優先的に接種すべきグループです。しかし、最近・・・

© Dental Tribune

新型コロナウイルスキャリアの可能性を持つ無症候性小児歯科患者

シカゴ(米国):最近の研究で研究者らは、小児歯科医院に来院した子供たちを検査して、小児歯科における新型コロナウイルス感染症の有病率を調べました。この研究では、調査に参加した子どもたちは全員無症状であったものの、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)・・・

© Dental Tribune

新型コロナウイルス感染症の審査で重要な役割を果たすデンタルチーム

グラスゴー(英国):無症候性感染者による新型コロナウイルスの伝播は重要である可能性がありますが、これについてはほとんど知られていません。そこで,グラスゴー大学医学部・歯学部・看護学部の研究者とスコットランドの公衆衛生当局は,ウイルス感染拡大・・・

© Dental Tribune

新型コロナウイルスは、歯肉から肺に入る可能性があると専門家が発表

ライプツィヒ(ドイツ):新型コロナウイルス感染症のパンデミックが進行するにつれ、ウイルスと病気について益々多くのことが明らかになってきました。以前は、新型コロナウイルスは上気道を介してのみ肺に感染すると考えられていました。しかし今回、ウイル・・・

© Dental Tribune

歯周病とアルツハイマー病の関連性を示す新たな証拠を発見した研究

ニューヨーク(米国):ニューヨーク大学歯学部とワイルコーネル大学医学部の共同研究によると、歯周組織に健康な細菌よりも有害な細菌が多い高齢者は、脳脊髄液(CSF)中にアルツハイマー病の重要なバイオマーカーであるアミロイドβの証拠が見られる可能・・・

© Dental Tribune

歯肉炎、歯周炎、加齢をつなぐ歯肉の無症状状態を特定した研究

青島市(中国):成人の多くは歯肉炎を経験し、それが歯周炎へと進行することがあります。しかし、歯肉炎の発症と歯周炎への進行にプラークがどのように関与しているかは不明です。今回、中国科学院青島生物エネルギー・バイオプロセス技術研究所(QIBEB・・・

© Dental Tribune

新型コロナウイルス感染症の生存者は唾液腺外傷および口腔疾患のリスクが高い

ミラノ(イタリア):新型コロナウイルスに関連する口腔症状の証拠は少ないため、最近研究者たちはこのギャップを埋めるため、新型コロナウイルス感染症に感染し、回復に成功した人々の口腔症状の存在と有病率を調査することに着手しました。その結果、新型コ・・・

© Dental Tribune

口腔と新型コロナウイルス。感染した細胞の証拠から、感染と伝播に重要な役割を果たしていることが判明

ベセスダ(米国のメリーランド州):新型コロナウイルス感染症は、口腔内に病変、潰瘍、味覚障害などの様々な症状を引き起こしますが、新型コロナウイルスの感染と伝播における口腔内の役割はあまり理解されていません。今回、国際的な科学者チームによる研究・・・

© Dental Tribune

歯周炎対策への一歩。新しい歯科用ジェルが歯周病の症状を軽減

バーミンガム(アラバマ州)、アーバイン(カリフォルニア州):米国カリフォルニア州ロスガトスに本社を置くLivionex Pharma社が開発した新規歯科用ジェルについて、米国の複数の大学の研究者が共同で研究を行いました。その結果、本製品は歯・・・

© Dental Tribune

歯周炎が献血の細菌のリスクを高める

コペンハーゲン(デンマーク):デンマークのコペンハーゲン大学とNæstved病院の最近の研究で、歯周炎になるとドナーの血液に細菌が混入するリスクが高まることが明らかになりました。この研究結果によると、口腔内から発生した細菌は、血液銀行が一般・・・

© Dental Tribune

病気で変わる歯科医療の基準

ライプツィヒ(ドイツ):1980年代、エイズの原因となるHIVが口腔ケアのあり方を大きく変えました。それから40年が経過した現在、新型コロナウイルスの流行により、個人防護具(PPE)の使用が改善されるなど、同様の変化が起きています。カナダの・・・

© Dental Tribune

歯周病と口臭の関連性に関する研究

ソウル(韓国):歯周炎と口臭は微生物学的に共通する病態であることから、ソウル大学歯学部の研究者らは、両者の間に相関関係があるかどうかを調査しました。その結果、口臭は歯周炎の指標となり、他の全身疾患の発症につながる可能性があることがわかりまし・・・

© Dental Tribune

月経周期に伴うホルモンの変化が口腔内微生物の生態系に与える影響

ストックホルム(スウェーデン):口腔内の健康状態が悪いと全身疾患のリスクが高まることは古くから知られており、そのためには良好な口腔衛生の実践が非常に重要です。最近の研究では、女性の健康に関心を持ち、相互補完的な専門知識を持つ研究者たちが、月・・・

© Dental Tribune

むし歯の発生と予防に関する新たな知見

香港(中国)・カリフォルニア州バークレー(米国):中国の研究者を中心とした研究では、口腔内細菌叢が全身の健康に及ぼす影響について調べました。その結果、口腔内に多く存在する細菌「ストレプトコッカス・ミュータンス」が放出する新規の微生物小分子が・・・

© Dental Tribune

閉じる