臨床|医療ニュース

歯科医師による肥満対策への取り組み

ラフバラー、英国:ラフバラー8大学(英国)の研究者は、このプライマリーケアの医療サービスを活用することで、深刻化する肥満の問題に対処できると考えています。新しい研究プロジェクトでは、英国における肥満の減少に歯科医が果たす役割を調査しており、・・・

© Dental Tribune

虫歯の「新たなメカニズム」に対応した予防法を歯科医が指南

【病気を近づけない体のメンテナンス】歯(上) 虫歯は、口の中にいる細菌(ミュータンス菌)が食べカスを...

© 日刊ゲンダイ ヘルスケア

医療におけるシミュレーションを用いたトレーニングの評価には大きなギャップがあることが研究で判明

英国、ケンブリッジ:最近の研究では、医療従事者のノンテクニカルスキルを向上させるための医学教育におけるシミュレーションベースの学習の有効性が検討された。このデータは、一般的に使用されているシミュレーションに基づく学習介入は、使用前の評価が不・・・

© Dental Tribune

アメリカの口腔衛生に関する報告書は、長期にわたる問題を浮き彫りにし、いくつかの解決策を提示しています

米国、グランドラピッズ市: アメリカ国民の間で標準的な治療と一般的な口腔衛生に大きな格差が生じている問題は膨大であり、時には非常に複雑である。米国国立衛生研究所(NIH)は、これまでで最も詳細に米国の口腔衛生状態を調べたとされる新しい研究で・・・

© Dental Tribune

心臓病患者の口腔内環境が悪いと、COVID-19の重症化リスクが高まる可能性

エジプト、カイロ: これまでの研究で、口腔内の不衛生と炎症亢進および心血管疾患との関連性が指摘されている。同様に、COVID-19の重症度も、炎症反応亢進と関連している。そこで、エジプトのカイロ大学の研究者らは、心血管疾患を有する患者におい・・・

© Dental Tribune

ハイドロキシアパタイトを配合した歯磨き粉が有望な結果をもたらすことが研究により判明

カナダ,トロント:歯磨き粉に含まれるフッ素についての議論は、新たな展開を迎えたかもしれない。最近、トロント大学の研究者たちは、歯磨き粉の抗う蝕剤としてのフッ化物と比較して、フッ化物を含まない歯磨き粉中のハイドロキシアパタイト(HAP)が同等・・・

© Dental Tribune

チューインガムがSARS-CoV-2のトラップになり、感染を抑制することが判明

米国,フィラデルフィア:ペンシルバニア大学歯学部の研究者が主導する研究で、アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)タンパク質を混入したチューインガムが口腔内のSARS-CoV-2を駆逐することが判明した。このガムは、安全性と効果が証明されれば・・・

© Dental Tribune

SARS-CoV-2に対するマウスウォッシュの有効性を示す研究結果が発表される

スペイン、バダロナ: 塩化セチルピリジニウム(CPC)を含む洗口液は、試験管内でのSARS-CoV-2の感染力を少なくとも1,000分の1に低減することが明らかになった。スペインの研究者らは、アルファ型を含むSARS-CoV-2の亜種に対し・・・

© Dental Tribune

テレデンティストリーは対面での初診に代わる有効な手段であるとの研究結果を発表

ロンドン、英国:COVID-19の大流行により、多くの業界でビデオ会議ツールが広く採用されるようになりましたが、歯科も例外ではありません。新しい研究によると、トリアージ目的や初診の場合、テレデンティストリーは歯科医師と患者の間で比較的高い受・・・

© Dental Tribune

歯のホワイトニングの探求: 過酸化カルバミドによる歯の細胞へのダメージが大きいとの研究報告

トロント、カナダ/ ロンドン、英国: 白い歯を求める声が高まる中、歯のホワイトニング剤が口腔内の健康にどのような影響を及ぼすのかを十分に理解することが重要である。この種の研究では初めて、過酸化水素由来のフリーラジカルが歯の細胞に及ぼす悪影響・・・

© Dental Tribune

COVID-19感染のリスクを軽減する方法として空気清浄機が有効

ライプツィヒ、ドイツ:パンデミックは歯科医師にとって試練の時であり、特に治療チームの安全性に影響を与える可能性のある決断をしなければならないオーナー歯科医師にとっては厳しい状況です。最近の研究では、歯科医療現場におけるSARS-CoV-2の・・・

© Dental Tribune

COVID-19患者に最も多く見られる3つの症状を示唆する証拠がある

ブラジリア、ブラジル:パンデミックの発生当初から、口腔は周辺組織の炎症反応を引き起こす可能性のある感染軸として注目されていました。そのため、この問題の調査に対する国際的な関心が高まっています。今回の研究では、口腔乾燥症、味覚障害、口腔粘膜病・・・

© Dental Tribune

第三大臼歯の抜歯は味覚に良い影響を与える可能性がある

フィラデルフィア、米国 : 下顎第三大臼歯の抜歯を受けた多くの患者は,術後に味覚障害やその他の神経感覚の障害が報告されている。味覚障害は一般的に1年以内に治るとされていますが、外科手術の長期的な影響については不明です。フィラデルフィアにある・・・

© Dental Tribune

歯周病と体の防御反応に関する新たな知見を得た研究

シアトル,米国: バイオフィルムの蓄積は、歯肉炎、歯周炎、歯の喪失など、多くの口腔内の健康問題を引き起こすだけでなく、心臓病、糖尿病、がん、関節炎、腸疾患など、その他の深刻な健康被害にもつながります。歯肉炎の個人差をより深く理解するために、・・・

© Dental Tribune

機械学習アルゴリズムが歯の喪失を予測するのに役立つかもしれない

ボストン,米国 : 社会経済的要因と歯の喪失との関係については、ほとんど知られていません。今回、ハーバード大学歯学部の研究者らは、成人の歯の喪失を予測する機械学習アルゴリズムを開発しました。このアルゴリズムでは、年齢や歯科治療などの明らかな・・・

© Dental Tribune

日本における歯科医療利用の地域的不平等を大規模調査で発見

筑波、日本:医療は、地域によって権利であったり贅沢であったりします。健康を維持するためには欠かせないものですが、すべての人が簡単に医療を受けられるわけではなく、歯科を含む特定の医療サービスへの利用を大きく妨げている場合もあります。例えば、日・・・

© Dental Tribune

臨床医にとっての悪夢である背中の痛み

腰痛は、座ったり立ったりする姿勢が正しくない場合に生じる最も一般的な症状の一つです。腰痛は、徐々に起こる場合もあれば、突然起こる場合もあります。多くの歯科医師は、腰痛を経験して初めてその影響の大きさに気付きます。幸いなことに、長期にわたって・・・

© Dental Tribune

人工知能がインプラント治療の結果を予測できるかもしれない

ミシガン州、アナーバー(米国):無歯顎患者の治療法としてインプラントが益々一般的になるにつれ、その潜在的な副作用を理解することがより重要になっています。今回、米国の研究チームは、インプラント患者がインプラント周囲炎を発症するリスクを歯科医師・・・

© Dental Tribune

口腔医療従事者の健康を維持するための仕事上の要因を明らかにする研究

リンショーピング(スウェーデン): 口腔医療従事者の健康と健康的で有意義な労働生活に関連する要因に焦点を当てた研究は、ほとんどありません。スウェーデンの様々な保健機関の研究者たちは、どのような口腔医療従事者が職場で健康を維持しているのか、ま・・・

© Dental Tribune

若年層歯科患者の疼痛管理の重要性

イェテボリ(スウェーデン):スウェーデンでは、子どもや青少年が20歳になるまで無料で歯科検診を受けることができます。そのため、彼らの口腔内の健康状態については多くのことが知られていますが、スウェーデンの若年層の歯科患者が受ける口腔内の痛みや・・・

© Dental Tribune