コラム|医療ニュース

フッ化物配合歯磨剤の推奨される利用方法の変更

日本口腔歯科学会と日本小児歯科学会、日本保存学会、日本老年歯科学会は、2023年1月に「4学会合同のフッ化物配合歯磨剤の推奨される利用方法」を発表しました。 日本では、う蝕予防のためのフッ化物応用が幅広く普及しており、中でもフッ化物配合の歯…

© Dentwave.com

歯科医師向け 開業支援・経営支援コラム Vol.20【人材・教育】魅力的な募集要項と求人原稿の作り方

前回のコラムでは「スタッフ採用の具体的な進め方」というテーマで、求人をおこなうにあたっての注意事項や、具体的な進め方などについて解説させていただきました。今回は歯科医院の新規オープンにおいて、求職者に興味を持ってもらえるような魅力的な募集要…

© Dentwave.com

”てんかん”既往患者への対応と口腔内に表れる症状

てんかんの既往をもつ患者の対応で注意すべきこと 歯科治療中の行為がてんかん発作を誘発してしまうことがあります。以下のことに注意して対応しましょう。 目にライトを当てない 患者さんの目に直接ライトが当たると、発作を誘発することがあります。ライ…

© Dentwave.com

【会員限定公開記事】「小児のインビザライン」1Dセミナー イベントレポート

【会員限定公開記事】「小児のインビザライン」1Dセミナー イベントレポート ▲オンラインセミナーの様子 (「有田 光太郎」先生 ) 小児矯正・Ⅰ期治療の基本とアライナー 2022年12月14日(水)、1D (ワンディー) でオンラインセミナ…

© Dentwave.com

”てんかん”とはどんな病気?問診で確認すべきポイント

てんかんは突然意識を失う「てんかん発作」をおこす病気です。100人に1人の割合で発症するため、歯科診療の場でてんかんの既往を持つ患者さんに出会う機会も少なくないでしょう。もし患者さんが治療中にてんかん発作を起こした場合、どう対応したら良いの…

© Dentwave.com

2023年歯科医師国家試験に向けて【矯正編】

歯科医師国家試験模擬試験の編集に携わっている歯科医師へのインタビュー 2023年(令和5年)の第116回歯科医師国家試験が1/28-1/29と迫っていますので、国家試験を受ける方は現在勉強に勤しんでいるかと思います。 勉強を頑張っている受験…

© Dentwave.com

初診患者への適切な接し方と対応方法

初診患者は歯科医院に対して「怖い」「何をされるのかわからない」など、不安な気持ちを抱いて来院することが少なくありません。そこで今回は、初診患者への適切な接し方・対応方法を解説します。 初診患者への電話予約時の対応方法 最初に患者と関わるのが…

© Dentwave.com

歯科医師向け 開業支援・経営支援コラム Vol.19【人材・教育】スタッフ採用の具体的な進め方②

前回のコラムでは「スタッフ採用の具体的な進め方①」というテーマで、「医院の収支を考えた上での採用計画」「採用したい人材像の明確化」「適切な求人方法や媒体の選定」といった内容ついて解説させていただきました。今回は前回の続きの項目についてお話さ…

© Dentwave.com

歯科治療と関連性の深い全身疾患 狭心症・心筋梗塞患者の対応で注意すべきこと

狭心症・心筋梗塞患者の口腔内に現れる症状 狭心症や心筋梗塞の患者さんは、カルシウム拮抗薬(アダラートなど)を服用していることが多いです。この薬は副作用として、歯肉が赤く腫れ口の中が出血しやすくなることがあります。ただ狭心症の患者さんにとって…

© Dentwave.com

歯科治療と関連性の深い全身疾患 狭心症・心筋梗塞とは

全身疾患を有する患者さんの中には、それが歯科治療と関係があると思っていない方も多いです。しかし歯科治療と関連性の深い全身疾患は多く、歯科衛生士がその対応を理解しておくのは重要なことです。今回は全身疾患の中でも、日本人の三大死因の1つである心…

© Dentwave.com

歯科恐怖症患者の口腔内の特徴と正しい対応方法

歯科恐怖症は臨床的な定義実態が明らかになっていませんが、日本において約500万人が該当するのではないかと言われています。20人に1人の割合であり、歯科医院で対応する機会も少なくありません。今回は歯科恐怖症患者について、正しい対応方法や口腔内…

© Dentwave.com

歯科医師向け 開業支援・経営支援コラム Vol.18【人材・教育】スタッフ採用の具体的な進め方①

前回のコラムでは「開業後の人件費」について詳しく解説させていただきました。今回は「スタッフ採用の具体的な進め方」についてお話させていただきます。 医院を開業し、経営を続けていくために必要な要素として「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の4つがあ…

© Dentwave.com

ガイストリッヒファーマジャパン株式会社

ガイストリッヒ ガイストリッヒは、Geistlich一族が1851年、スイスで創業しました。ウシの骨を加工し、接着剤や肥料、飼料等を製造していたそうです。特に接着材は、家庭や学校で使用され、スイスでは有名な製品だったようです。そして、その長…

© ガイストリッヒファーマジャパン株式会社

脳梗塞既往のある患者対応で注意すべきこと・覚えておくべき検査値・口腔内に現れる症状

脳梗塞の既往がある患者さんは、後遺症である麻痺や手指の痙縮によりセルフケアを行えないことがあります。しかし口腔内環境の悪化は誤嚥性肺炎やう蝕、歯周病の原因となるため、介助者や歯科衛生士がサポートをする必要があります。 この記事では、脳梗塞の…

© Dentwave.com

Part2【後編】 5G ネットワーク を活⽤した次世代の⻭科治療:XR(AR・VR)技術と歯科用マイクロスコープ下での根管治療アプローチ

Part2【前編】はこちらからご覧いただけます。 今回紹介する症例は、上顎左側第二大臼歯の再根管治療に際し(図1, A)、CBCTによる診断にもかかわらず、歯根と根管システムの形態の把握が困難で、根管口の同定と穿孔のリスクの評価が困難であっ…

© Dentwave.com

来年1月から歯科用金属価格を改定|ー中央社会保険医療協議会

中央社会保険医療協議会が11月9日にオンラインで開催され、令和5年1月からの歯科用貴金属材料の価格改定について報告されました。 歯科用貴金属材料の価格改定については令和4年7月分から、変動幅にかかわらず、素材価格に応じて年4回(3カ月ごと)…

© Dentwave.com

Part2【前編】 5G ネットワーク を活⽤した次世代の⻭科治療:XR(AR・VR)技術と歯科用マイクロスコープ下での根管治療アプローチ

デジタルツインと呼ばれる現実世界と仮想世界を相互に繋げたビジュアリゼーション技術の活用により、患者の解剖構造(顎骨・歯・神経管など)のデジタルデータを、拡張現実世界(AR)や仮想世界(VR)にバーチャル3Dモデルとして反映させることが可能に…

© Dentwave.com

歯科医師向け 開業支援・経営支援コラム Vol.17【人材・教育】開業後の人件費とその内訳について

前回のコラムでは「運転資金と人件費の考え方」についてお話させていただきました。今回は「開業後の人件費」について詳しく解説させていただきます。 人件費とは、医院運営においてかかるさまざまな経費の中で「人に関わる費用」のことを指します。医院運営…

© Dentwave.com

歯科麻酔認定資格・講習会について

日本歯周病学会が「浸潤麻酔を含む歯科衛生士の活動を支援すべく、情報発信や教育機会の提供に尽力する」という旨の声明を発表しました。日本で歯科衛生士が麻酔を行えることを知らない方は多いのではないでしょうか。今回は歯科衛生士が取得できる歯科麻酔の…

© Dentwave.com

ダウン症患者の正しい対応方法とは?注意すべき点や口腔内の特徴

ダウン症は染色体の異常によって引き起こされる疾患です。心臓や呼吸器に合併症を持つことが多く、口腔内にもさまざまな特徴が現れるため、歯科治療の際は配慮が必要になります。この記事ではダウン症患者への対応について、注意すべき点や口腔内の特徴につい…

© Dentwave.com

新着ピックアップ