「音声コード」都立病院でシステムをすでに導入

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

1月6日、東京都庁で、「音声コード」活用普及研修会が開かれた。

音声コードは文字情報をデジタル化して、書類に印字したものだ。

これを専用の装置で読み取り、音声で情報を伝える仕組み。

都立病院などでこのシステムをすでに導入しており、視覚障害者の「薬の誤飲防止」などに役立てている。

都内の視覚障害者は、約3万2000人。

糖尿病によって視力を失った例も多く、点字が読める人は1割いるかどうか、とされている。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

閉じる