高品質な歯科医療を求める患者さんのために、IDSはその答えを提供します

高品質な歯科医療を求める患者さんのために、IDSはその答えを提供します

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

ケルン、ドイツ:歯科医院の発展は、1年半前に比べてはるかに良い状態にあり、COVID-19のパンデミックも明るい兆しを見せているほどです。明日からケルンで開催される2021年国際デンタルショー(IDS)では、その方向性を見通すことができるに違いありません。

お口の健康: 歯科医院にとって重要なテーマであり、チャンスでもある

健康、栄養、運動、スポーツ、医療などへの関心は、国民の幅広い層で高まっています。その結果、COVID-19の深刻な進行を防ぐなど、全身の健康にとって口腔がいかに重要であるかを多くの患者さんが認識するようになり、特に歯科に注目が集まっています。

これにより、患者さんの歯科チームに対する信頼感、専門的なコンサルテーションのスキル、予防的治療の能力が向上しています。とりわけ、衛生基準がこれに貢献しています。これは、歯科医院の典型的なコア・コンピタンスですが、まだまだ改善できる点があります。現在の研究によると、吸引のための保持技術の最適化と、吸引システムの需要に応じた設計により、既存の衛生基準をさらに向上させることができます。特に、歯科医院を設立するとき、引き継ぐとき、拡大するときには、重要な決定がなされます。IDS 2021では、吸引システムと吸引チップの概要を説明するとともに、歯科治療施設の責任ある設計により、あらゆる器具の使用に理想的な衛生状態を提供できることを、来場者の皆様に実際に体験していただきます。これには、特に予防に使用される高速タービンやパウダー・ウォーター・ジェットも含まれます。

充填治療は、よりカスタマイズされ、より早く、より簡単になります

今後、あらゆる分野の患者さんが、極めて質の高い修復物を重要視するようになるでしょう。例えば、衛生的であることはもちろん、審美性の高い修復物が求められるようになるでしょう。

ダイレクトレストレーションは、何年も前から優れた革新的な分野です。これらは大多数の診療所の糧となっているため、手順や材料の小さな進歩であっても、明らかに良い影響を与えます。

歯科チームは、コンポジット、コンポマー、グラスアイオノマーセメント、アマルガムなど、実績のある多くの材料を使っています。最近では、コンポジットハイブリッドもこの中に加わっています。歯科材料の分野は、より差別化されてきているので、ある臨床状況においては、さまざまな選択肢の中から判断することができます。患者さんは具体的な希望を持って歯科医院を訪れ、それに応じて自分の好みを設定します。一般的には、(1)長期的な安定性、(2)適合性、(3)可能な限り天然歯構造を維持すること、(4)自然な審美性、(5)有利な価格、などが想定されています。IDS2021では、これらの基準に沿って現在の充填材料を比較することができます。

それと同時に、臨床手技のスピードアップと簡略化の傾向も続いています。現在では、多くの自己接着性複合材料をより迅速に扱うことができるようになりました。達成可能な接着力と限界不透過性を、従来の3ステップエッチング&リンスシステムの対応する値と比較すると、その適応範囲が拡大していることがわかります。

バルクフィルコンポジットは、キャビティ内に4~5mmの厚さの層で塗布することができるため、時間のかかるインクリメンタルテクニックを回避することができます。流動性のあるバルクフィルコンポジットは、その後、咬合用充填材でオーバーレイされ、専門的な製品では、音波による活性化でコンシステンシーの変化を引き起こすことができる。例えば、これらの製品は装着時には流動性があり、後で成形可能になる。この方法では、高粘度バルクフィルコンポジットと同様に、被覆層を省略することができる。

既存の複合材料は、二重重合や永久的な複合材料によってさらに充実しています。これらの材料は、エッチング、接着、その他の調整を行わずに使用することができるため、歯の色の修復が可能であり、迅速に空洞内に設置することができる。しかし、別のテクニックが必要です。

デジタルプロセス : 専門分野に強い

歯内療法では、より自然な歯質を保存する傾向が強まっています。ファイル用のニッケルチタン合金は徐々に改良され、歯質の保存を可能にする革新的な臨床コンセプトが可能なレベルに達しています。同時に、デジタルサポートされた歯内療法の後方計画が確立されつつあり、それに伴って新しい形態の共同作業が行われるようになっています。例えば、歯科医師は、専門家にデジタルプランニング(ファイル、オブチュレーション、アクセスキャビティの歯内療法用ドリリングテンプレートを含む)を行ってもらい、その後の治療を自分で行うことができます。

インプラント治療におけるバックワードプランニングは、すでに標準的なレパートリーとなっていますが、IDS2021では、真に統合されたデジタルワークフローを可能にする新しいデジタルインターフェースが発表されます。さらに、人工知能(AI)の活用によるメリットは、すでに具体的になりつつあります。X線画像やその他の視覚的表現の評価において、AIがこれまで以上に大きな助けとなることが期待されています。

また、参加者の皆様には、矯正歯科におけるイノベーションを体験していただけます。咬合接触をチェックする古典的な方法は、現在ではデジタルでサポートされたもので補完されており、特殊なブラキシズムスプリントは即時にバイオフィードバックを提供し、最終的にはダメージを防ぐのに役立ちます。

IDS 2021では、実績のある革新的な製品が数多く展示され、最先端の技術を用いて患者の治療を行うことができるのが特徴です。また、健康や歯の健康への関心が高まっている患者さんに、どのようにして歯科医院に足を運んでもらえばよいのか、来場者の皆様にも実感していただけると思います。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Christian Ehrensberger

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ