第三大臼歯の抜歯は味覚に良い影響を与える可能性がある

第三大臼歯の抜歯は味覚に良い影響を与える可能性がある

カテゴリー
記事提供

© Dental Tribune

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

フィラデルフィア、米国 : 下顎第三大臼歯の抜歯を受けた多くの患者は,術後に味覚障害やその他の神経感覚の障害が報告されている。味覚障害は一般的に1年以内に治るとされていますが、外科手術の長期的な影響については不明です。フィラデルフィアにあるペンシルバニア大学の研究者が行った最近の研究では、第三大臼歯の抜歯が味覚に悪影響を及ぼすだけだという考えに疑問を投げかけ、抜歯を受けた患者が術後数十年経っても味覚が改善されていることを明らかにしました。

「これまでの研究では、抜歯後の味覚への悪影響が指摘されていただけで、その影響は時間の経過とともに解消されると一般的に考えられていました」と、同大学の嗅覚・味覚センター長のリチャード・L・ドッティ博士は大学のプレスリリースで述べています。「今回の研究では、患者が手術を受けてから20年後までの間に、味覚機能が実際にわずかに改善していることがわかりました。これは驚くべきことですが、魅力的な発見であり、なぜ味覚機能が向上するのか、それが臨床的にどのような意味を持つのかを理解するためには、さらなる調査が必要です」と述べています。

研究者たちは、第三大臼歯の抜歯を受けた(平均20年前)891人のデータと、外科手術を受けていない364人のデータを比較しました。

参加者は全員、過去20年間に大学の嗅覚・味覚センターで化学感覚機能のテストを受けていました。口中での識別テストでは、5種類の濃度のショ糖、塩化ナトリウム、クエン酸、カフェインを提示しました。参加者は、試験液の味が、甘味、塩味、酸味、苦味のどれにあたるかを答えなければなりませんでした。

その結果、第三大臼歯の抜歯を受けた被験者は、対照群に比べて、4つの味覚すべてにおいて総合的なテストスコアが向上したことがわかりました。また、どちらのグループも女性の方が男性よりも優れており、味覚機能は一般的に年齢とともに低下することがわかりました。

「今回の研究では、第三大臼歯の抜歯が、一部の人の舌側味覚経路の機能に、微妙ではあるが長期的に好影響を与えることが強く示唆されました」と、同大学歯学部3年生のDane Kim氏は述べています。

メカニズムは未知数

研究者によると、味覚の増強には2つの可能性があるという。1つ目は、抜歯などの外科的処置で末梢神経を損傷すると、知覚過敏になることがすでに他の場面で報告されていること。2つ目は、抜歯によって前歯部の味蕾をつかさどる神経が損傷を受けると、後歯部の味蕾をつかさどる神経が抑制され、口腔内全体の感度が向上するというものである。

Doty氏は、「味覚機能の改善につながるメカニズムを解明するためには、さらなる研究が必要です。"効果は微妙ですが、神経が伝播する環境を変化させることで、神経機能の長期的な改善がどのようにもたらされるかについてのヒントになるかもしれません。」

Doty氏は、「味覚機能の改善につながるメカニズムを解明するためには、さらなる研究が必要です。」 「その効果は微妙ですが、神経が伝播する環境を変えることで、神経機能の長期的な改善が可能になることを示唆していると思われます。」と言っています。

この研究は、「Positive long-term effects of third molar extraction on taste function」と題され、2021年6月23日にChemical Senses誌に掲載されました。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Franziska Beier, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる