個人輸入において注意すべき医薬品等

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

風邪薬 FDA(米国食品医薬品局)は、当該製品に関連して130例を超える嗅覚障害が報告されていることから、消費者に対して直ちに使用を中止するよう警告を行っている。 抗肥満薬 米国FDA(米国食品医薬品局)及びカナダ保健省(Health Canada)は、抗肥満薬(いわゆるやせ薬)であるメリディア(一般名:シブトラミン)に関して、心臓発作、卒中などのリスクが高まることが臨床試験データで示されたことから、企業により自主回収が行われると発表した。 抗インフルエンザウイルス薬 FDA(米国食品医薬品局)は、当該製品の有効成分であるoseltamivirでなく、cloxacillinを含有した偽造医薬品が確認されたことから、消費者に対して注意喚起を行っている。勃起不全治療薬 TGA(豪州政府薬品・医薬品行政局)は、当該製品の有効成分であるsildenafilについて、正規の用量を含んでいない偽造医薬品が確認されたことから、消費者に対して注意喚起を行っている。 ※米国FDAでは、使用を中止し、医療関係者に代替療法について相談することを勧めている。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる