40.5%が昇給金額の決定基準は「特に無い」と回答!歯科衛生士の昇給制度の実態とは?

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

この記事は
無料会員限定です。


この度、Dentwave.com会員と歯科衛生士のためのコミュニティ「coe」*にて、会員の方々に 「歯科衛生士の昇給制度」に関するアンケートを実施いたしました。

*coeはDentwave.comにて3月10日にリリースしました歯科衛生士のためのコミュニティサイトです。

■調査期間:2022年5月11日~2022年6月14日
■回答者:歯科衛生士100名 (Dentwave.com、歯科衛生士のcoe 会員)

調査項目
1. 昇給制度の有無
2. 昇給のタイミング
3. 金額の決定基準
4. 1回あたりの昇給額

1. 昇給制度の有無
歯科衛生士の79.0%「ある」と回答し、回答者のほとんどが昇給制度のある医院で勤務していることが分かりました。

2. 昇給のタイミング
昇給制度がある回答者の昇給のタイミングは77.2% 「年に1回」と回答し最も多い結果となりました。

3. 金額の決定基準
昇給金額の決定基準について、40.5%が「基準は特にない」と回答し最も多い結果となりました。
決定基準がある場合には25.3%「昇給額が決まっている」という回答が最も多い結果となりました。

4. 1回あたりの昇給額
昇給額が決まっている回答者の1回あたりの昇給額は35.0%「3,000円以上~5,000円未満」と回答し最も多い結果となりました。
続いて、30.0%で「3,000円未満」と「5,000円以上~7,000円未満」の回答が2番目に多い結果となりました。

DentResearch調べ
調査期間:2022年5月11日~2022年6月14日
調査人数:歯科衛生士100名 (Dentwave.com、歯科衛生士のcoe 会員)
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

「オーラルケアに関する生活者調査」の結果 9割以上の歯科専門家※が生活者の歯みがきについて「みがき癖によって特定の場所がみがけていない人が多い」と回答。一方、6割の生活者は「歯みがきはある程度できている」と自己評価。毎日歯みがきしていても、きちんとみがけていないことも多い結果に ※歯科医師および歯科衛生士

あなたのおすすめの一冊は何ですか?-歯科・医科・ビジネス書籍編-「本音に迫る!歯科ネタ情報局」

お仕事を楽しみながら続けるために大切にしていること「本音に迫る!歯科ネタ情報局」:後編

仕事と私【何のために働くの?】歯科衛生士キャリアについて考える

鳥取県立歯科衛生専門学校で卒業式 鳥取県鳥取市

約7割が「新型コロナウイルスワクチン3回目の接種を受けた」と回答

歯科医師・歯科衛生士に聞きました!生まれ変わっても今の仕事をしたいですか?

ママ衛生士にとって理想的な職場環境はどんなところ?

新着ピックアップ