歯内療法での失敗談:ネガティブをポジティブに

歯内療法での失敗談:ネガティブをポジティブに

カテゴリー
記事提供

© Dental Tribune

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

私は専門家として、歯内療法が失敗したり、予期せぬ合併症のために治療途中で断念したりした後に来院する患者さんをかなりの割合で見てきました。これまでのキャリアの中で、私自身も治療の失敗を経験してきましたし、このような状況が同僚を悩ませることも目の当たりにしてきました。私も眠れない夜を何度も経験しました。

歯科医師には完璧主義者が多い。私たちの多くは、人生をかけて優れたものを追求してきました。そのため、失敗が起こると、ダチョウのように頭を砂に埋めて、問題が解決することを願ってしまいます。失敗にこだわらないという選択は、失敗が今後も起こり続けることを意味し、親が好んで言う「教えられる瞬間」を失うことになります。

企業は、問題を回避するために、また、問題が発生した場合には、今後の改善方法を学ぶために、ミスや完全な失敗を予測して、たゆまぬ努力を続けています。ハンガリーの数学者アブラハム・ワルド博士は、第二次世界大戦中、爆撃機の損失を最小限に抑える方法を計算する際に、生存バイアスを考慮しました。弾痕のついた飛行機が帰還した場合、まず最初に考えられるのは、破片によるダメージが最も大きいと思われる場所に飛行機を補強することです。しかし、ウォルトはそうは考えなかった。損傷を受けながらも無事に帰還した機体は、その間にある機体を補強した方がいい。だからこそ、私たちは、成功したときと同じように、失敗したときも心を開いて熱意をもって共有し、患者さんにより良いサービスを提供するための方法を学ぶことが重要なのです。Instagramで失敗した治療法を紹介するページを想像してみてください。投稿するのは難しいかもしれませんが、そこから得られる学びは計り知れません。

私たちの仕事の性質上、情報の共有はそれほど頻繁には行われません。病院の臨床医は、自分たちが犯したエラーが二度と起こらないように、罹患率と死亡率の会議でエラーを共有することが義務付けられています。一方、歯科医師は、患者さんに最高の治療を提供するために、エゴを排除した "安全な空間"で同僚と定期的に交流することなく、自分のクリニックで孤独に仕事をしています。私は幸運にも、献身的なサポートチームを持つ臨床医の大きなネットワークの一員であり、彼らは定期的に勉強会を開催して失敗を率直に議論し、治療を客観的に部品に分解して問題の原因を見つけようとしています。

私たちは、失敗を見るときのレンズを変えなければなりません。失敗は痛みを伴いますが、教育と相互支援に重点を置くことで、より多くのことを学び、より良い結果を出すことができるのです。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Dr. Gary Glassman

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ