ADA、COVID-19の強制接種を支持せず

ADA、COVID-19の強制接種を支持せず

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

シカゴ、アメリカ: 米国歯科医師会(ADA)は、歯科医師がCOVID-19のワクチンを接種すべきであるとしながらも、口腔ケア従事者への強制的な接種を支持するには至りませんでした。SARS-CoV-2のデルタ型が米国で拡大し続けていた頃、同協会は他の健康・医療団体とは一線を画し、リーダーシップを発揮して全国的なワクチンの信頼性を高めるために、任意のワクチン接種を提唱していました。

7月下旬、米国の数十の医療団体・協会が共同で、すべての医療従事者にCOVID-19ワクチンの接種を義務付けることを呼びかけました。50人以上の署名者は、声明の中で次のように述べています。「最近のCOVID-19の急増と、安全で効果的なワクチンの入手可能性を考慮して、私たちの医療団体・協会は、すべての医療・介護従事者の雇用主が労働者にCOVID-19ワクチンの接種を義務付けることを提唱します。これは、すべての医療従事者が、患者や長期介護施設の入居者を第一に考え、彼らの健康と幸福を確保するために必要なあらゆる手段を講じるという倫理的なコミットメントを論理的に実現するものです。」

また、「医療上の理由でワクチン接種ができない労働者がいることは認識しており、義務化を免除すべきであるが、そのような労働者は全労働者の中では少数派である」としています。

医療従事者へのユニバーサル・ワクチン接種を支持する専門家や機関が増えているとしたこの声明には、米国医師会、米国小児科学会、米国公衆衛生協会など、影響力のある医療機関が署名しています。

"公衆衛生を前進させるために自分の役割を果たそう" - ADAのDaniel J. Klemmedson博士

ADA会長のダニエル・J・クレメドソン博士は、ADA会員に宛てたメールの中で、歯科医師にワクチン接種を呼びかけましたが、同協会は米国疾病予防管理センター(CDC)の指針に従っていると述べ、現在、医療従事者へのユニバーサル・ワクチン接種を推奨していません。

デルタ・バリアントによる感染率上昇のニュースが続く中、私は2020年12月のメッセージで指摘したことを皆さんに繰り返し伝えたいと思います。「歯科医師は必要不可欠な医療従事者であり、そのリーダーシップ、助言、模範となることが、我が国におけるワクチンの信頼性を高める上で大きな役割を果たすでしょう」とクレメドソン氏は書いています。「公衆衛生を前進させるために、私たちの役割を果たしましょう。まだ予防接種を受けていない方は、ぜひ予防接種を受けて、チームメンバーや患者さんにも勧めてください。」

COVID-19の強制接種は、FDAの完全認可がないとできない?

CDCは、医療従事者へのCOVID-19の接種義務化を推奨しておらず、元米国外科長官のジェローム・アダムス博士によると、米国食品医薬品局からワクチンが完全に認可されるまでは、CDCは接種義務化を行う可能性は低いとのことです。アダムス氏は、7月25日に放送局CBSのインタビューに応じ、「これらのワクチンが完全に認可されるまでは、大量の義務化はできないし、軍や他の企業からもそう言われている。」と話した。

ADAの医療政策データによると、米国では90%近くの歯科医師が完全にワクチンを接種しており、93.4%が少なくとも1回のワクチン接種を受けていることがわかっています。

クレメドソン氏は、「歯科医療従事者は、ウイルスの拡散を抑えるために自分の役割を果たしていますが、私たちはそれを続けなければなりません。」と書いています。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Jeremy Booth, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる