iPS細胞を用い新薬の化合物の安全性や効能を評価

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

東京医科歯科大学の安田賢二教授らは、慶応義塾大学と協力し、iPS細胞をはじめとする幹細胞から心筋細胞へと分化・誘導できる技術を確立する。 具体的には、化合物が心筋細胞に与える影響を調べるシステムの開発を目指す。 また、製薬企業や新エネルギー・産業技術総合開発機構とiPS細胞(万能細胞)を用いて、新薬の候補となった化合物の安全性や効能を評価するシステムの開発を行う。 アステラス製薬や武田薬品工業、バイオ産業情報化コンソーシアムなどが研究に加わる。 開発したシステムは三菱化学メディエンスが製品化する予定。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる