歯科業者らによる歯科医師殺人事件の初公判

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

 初めは殺すつもりはなく、脅かすつもりであったのか?大阪府吹田市で平成19年に歯科クリニック経営者の男性歯科医院(38)が殺害された事件の初公判が7月29日、大阪地裁(遠藤邦彦裁判長)で開かれた。 検察側は冒頭陳述で、共犯の元暴力団幹部、佐伯貴被告(35)が犯行を提案し、暴力団組員西田義弘被告(30)と歯科クリニックの共同経営者で歯科業者の三浦洋亮被告(33)の2人が同意したと指摘した。西田被告の弁護人は「佐伯被告の命令で逃げ出せなかった」とした。また、三浦被告の弁護人も「関与は部分的かつ従属的」と主張した。殺人と死体遺棄罪に問われているが、両被告はともに起訴事実を認めた。西田被告らは19年11月8日未明、吹田市の歯科用品販売店事務所で歯科医師に麻酔薬を混入した栄養ドリンクを飲ませて眠らせ、頸部に麻酔薬を注射。さらに首を絞めて窒息死させ、同日午後に琵琶湖に遺体を遺棄した。
記事提供

© Dentwave.com

閉じる