意外なものが職場で役立っている!?クリニックに持って行って役立ったもの

この記事は
無料会員限定です。


Dentwave.com会員と歯科衛生士のためのコミュニティ「coe」*にて、会員の方々に 歯科医療従事者ならではの 「職場に持って行って役立ったもの」についてお聞きしました。

coeはDentwave.comにて3月10日にリリースしました歯科衛生士のためのコミュニティサイトです。
それでは早速、会員の皆さんの回答を見ていきましょう!

■調査期間:2022年6月23日~2022年7月18日
■回答者:267名(Dentwave.com,歯科衛生士のcoe会員)
調査項目
1. 歯科医師の回答
2. 歯科衛生士の回答
3. 歯科技工士の回答
1. 歯科医師の回答
私物のパソコン。資料作りを任されたが医院のパソコンだと使い勝手が悪かったため
(30代 勤務医)

10センチ位の石、歯と金属を分離するときに使う。
(70代以上 開業医)

空のペットボトル
超音波洗浄器の中にいれて使用した。
(40代 開業医)

生理食塩水の目薬、患者さんの目に何が飛んだとき、そのものが何かわからず、ただ目が痛いと訴えた時に使用。
(60代 開業医)

裁縫道具セット
勤務医だった頃、職場に備えがなかったので白衣のボタンが取れたとか、私服のボタンが取れたとかの時に重宝した。
(60代 開業医)

携帯用のアルコールトーチ
バーナーが壊れた時に使えた
(70代以上 開業医)

登山用のヘッドライト
往診の際に安いににそれなりに口腔内を照らせて両手がフリーになる
歯科用と異なり安価なので無くしても気にならない
(30代 勤務医)

スマートフォン。ベトナム人の患者さんと翻訳アプリで対応した。
(70代以上 開業医)

ペンライト 口の中をすぐに見たい時にかなり役に立ちました
(30代 勤務医)

ポケッタブル懐中電灯
学校検診、無影灯でも影で見えないとき
(60代 開業医)

マイナスドライバー
金属冠除去の際、切れ目に抉じ入れ小さく左右に捻ると簡単に外れ役立つ。
(60代 開業医)

アロンアルファー(瞬間接着剤)
義歯の修理で義歯が完全に分裂しているのを一時的に接着するため
(40代 開業医)

2.歯科衛生士の回答
iPad
検索資料まとめ、お昼休みの動画視聴など、万能
(30代 歯科衛生士)

小さいハサミ。
ホルダータイプのフロスが口腔内でひっかかってしまった時。
(40代 歯科衛生士)

CBDオイル。
頭痛もちであり、また神経を使う職業ということもあって頭が痛くなったりしんどくなったりすることが多い。
休憩室にサッと入ってサッと塗ることができ、薬より即効性もあるので役に立ちました。
(20代 歯科衛生士)

USBメモリ
院内でのやり取り時、口頭でやり取りするより文字に起こして書類提出する方が全員が把握出来るので持ち歩いています。
(30代 歯科衛生士)

小さいホワイトボード。
耳が聞こえない、遠い患者さんに使用できた
(20代 歯科衛生士)

目を保護する百均のゴーグル
コロナが流行る前でしたが、TEC作製の時に役に立った
(30代 歯科衛生士)

アームカバー
歯科衛生士ですが、PC入力や書類作成等のデスクワークが業務の大半を占めており、七部袖白衣の袖口が汚れやすいから。
(50代 歯科衛生士)

携帯品ではないかもしれませんが、マスキングテープ。
スタッフみんな同じユニフォームで、名前を書くのに、マステに書いてタグに貼り付けてます。
自分のボールペンの目印にもなる!
(30代 歯科衛生士)

小さいジップ付き袋
患者さんに歯間ブラシやフロスなどのサンプルを渡す時に使う。
(30代 歯科衛生士)

100均で購入した拡大ルーペ
SC,SRP、セメント除去に役立ちました
(30代 歯科衛生士)

3.歯科技工士の回答
プリングルスの蓋。
ガスバーナーのワックス入れにピッタリで蓋にできた。
(30代 歯科技工士)

絵の書いてあるポストイットやメッセージカード
ちょっとした業務連絡やお礼を伝える時に、堅苦しくならず役にたっているなと感じます!
(30代 歯科技工士)

ワイヤレスイヤホン
作業中でも電話対応ができるから
(40代 歯科技工士)

スマートスピーカー(タイマーやラジオ代わり)
(50代 歯科技工士)

ご回答してくださった会員の皆さま、ありがとうございました。

DentResearch調べ
調査期間: 2022年6月23日~2022年7月18日
調査人数: 267名(Dentwave.com,歯科衛生士のcoe会員)

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ