CiメディカルからGreen18/歯科用CT・レントゲンのご提案

カテゴリー
会社名

株式会社歯愛メディカル

業種

卸売業

Green18 歯科用CT・レントゲン ご利用医院例

ビエラ明舞内 平田歯科 平田憲雄 先生 インタビュー


Green18 歯科用CT・レントゲン
近年歯科用CTの普及とともに、より高画質な画像が求められるようになりました。保険診療でもCTの算定が認められからは、CT+パノラマ複合機に入れ替える医院様が増加傾向にあります。
 また患者様の安心のために低被ばく型のCTを選ばれることも増えてきています。そうした中で「低線量撮影は画質が劣化する」という常識を打ち破り、Green18は一般的な歯科用CTと比較して最大70%の線量を低減させ、臨床的に診断可能な画質と低被ばくを両立させました。

Green18 歯科用CT・レントゲン


Vatech社のGreen18はX線撮影の新たな基準として注目を浴びています。
それではGreen18の主な特徴を説明していきます。


まず初めにGreen18は撮影時間を大幅に削減し、モーションアーチファクト(体動による乱れ)を最小限に抑えました。

次に多彩なFOVサイズを選ぶこともできます。

Green18は4種類のFOVから最適な撮影サイズを選択できます。
適切なFOVサイズ選択によって更なる低被ばく撮影につながります。
FOV18×10のフルサイズ撮影は上顎洞や両側の顎関節、気道撮影に適しています。
FOV13×10の全顎撮影は両側の水平埋伏智歯や副鼻腔を一度に撮影が可能です。
FOV8×9は小児など被ばく量を抑えて小域撮影を行うのに適しています。
FOV5×5の部分撮影は0.08mmのVoxelとなり根管治療などに活用できる高精細な画像を取得できます。

高画質な画像が取得できてもソフトの操作が煩雑で扱いにくいと、診査・診断、コンサルテーションを複雑にしてしまいます。

Vatech社のEz3D-iはワークフローを合理化するために設計され、シンプルでスピーディーな操作と幅広い機能を提供します。シミュレーションや診断に複雑な操作手順は必要ありません。最小のクリック数で専門的な診断とカウンセリングをストレスなく行えます。
気道測定機能も備えており、気道に関する正確な診断情報を提供し、睡眠時無呼吸症候群や矯正治療患者の診断および治療計画に活用できます。測定された気道は体積が3D表示され、視覚的に伝わりやすい説明を行えます。

その他にも豊富な患者説明動画も標準で搭載されており、コストパフォーマンスを大きく引き上げてくれています。診療効率はもちろん、コスト面でも非常に満足いただけます。


お問い合わせ
株式会社 歯愛メディカル
〒924-0004 石川県白山市旭丘二丁目6番地
TEL:076-278-8800 (平日・土曜日 9:00~20:00/日祝 9:00~18:00)
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる