会員の皆さんに聞きました!今まで一番難しかった症例とは?

この記事は
無料会員限定です。


Dentwave.com会員と歯科衛生士のためのコミュニティ「coe」*にて、会員の方々に 「今まで一番難しかった症例」についてお聞きしました。

coeはDentwave.comにて3月10日にリリースしました歯科衛生士のためのコミュニティサイトです。
それでは早速、会員の皆さんの回答を見ていきましょう!

■調査期間:2022年7月7日~2022年7月18日
■回答者:170名(Dentwave.com,歯科衛生士のcoe会員)
調査項目
1. 歯科医師の回答
2. 歯科衛生士の回答
1. 歯科医師の回答
分野:歯内療法
状況:急性炎症あり更に根管狭窄かつ湾曲強い症例
(60代 開業医)

分野:口腔外科
状況:ビスホスホネート内服を確認せず他院にて多数歯抜歯を行った患者の顎骨壊死
(30代 勤務医)

分野:障害者歯科学分野
状況:自閉症スペクトラムの子供の患者さんの症例。意思疎通もできず、行動変容から抑制まで行い治療した。親の希望で全身麻酔が出来なかった。
(40代 勤務医)

分野:矯正
状況:過蓋咬合。下顎の1925のwireも折れてくる、bite upしても噛んで壊してきて、治療が進まなかった
(30代 勤務医)

分野:口腔外科、歯周外科
状況:下顎孔伝達麻酔にてアナフィラキシー反応が起きたこと。
フラップ手術において粘膜骨膜弁を作製する際に骨面から骨膜をしっかりはがさず、予想外の出血が続き止血処置に苦労したこと。
(40代 開業医)

分野:歯周治療
状況:根尖まで吸収、露出し動揺度3であり、要抜歯であるが抜歯を拒み、かつ噛めるように強く要望。予約外でも来院し、治療を要求。主治医以外の対応を拒否する等、自分の要求を通そうとしてきた。 対応が出来ないことを伝えても納得しない。
(60代 開業医)

分野:歯内療法
状況:根尖病巣を根治のみで治癒しようとすると、難症例となるものが多い。
(60代 開業医)

分野:顔面骨骨折
状況:下顎関節突起骨折を内視鏡下で整復固定していたが、斜めに折れていて整復が出来ない状況。内視鏡では整復しているように見えるが、レントゲンを撮るとずれが生じていて再手術することになった。
(50代 勤務医)

分野:口腔外科
状況:新生児の吸啜障害,睡眠時無呼吸障害体重の減少,それに伴う母親の乳腺炎や睡眠障害によって乳児の舌小帯癒着が判明し,小帯切除を行った。その後全て改善。
(60代 開業医)

2.歯科衛生士の回答
分野:局部床義歯
状況:自分で、クラスプを曲げたり鉄やすりで削ってしまう。
(50代 歯科衛生士)

分野:重度P
状況:投薬による歯肉主張が激しく、プラコンが安定してもSRPのみで終わらせられ、しょっちゅう同じ主訴で来院。根本的な治療がなくドクターとの考え方の違いもあり良くなった!というとこにはいかず
(40代 歯科衛生士)

分野:訪問歯科での口腔ケア
状況:がん終末期、数本の残根歯がある、非経口摂取、痂皮が固着、昜出血の患者様の口腔ケアを依頼され訪問。
口腔ジェルで軟化させ出血に気を付けながらそろーっと除去しましたがとても時間がかかり、患者様の負担が心配でした。初めてだったこともあり私にとっては一番難しい症例となりました。
(40代 歯科衛生士)

分野:P治療
状況:初診時、中でも右上7番遠心がとてもポケットが深かった。一度目のSRPが終わり、PPD値は改善したが、やはり患者様自身が少しでもケアを怠ったり仕事が忙しく疲れたりするとまたアタッチメントロスが見られ…の繰り返し。2度目のSRPも行いましたが、やはり同じ繰り返しでした。部位的にも器具が到達しにくく、患者様自身もケアが難しい部位ではありますが、SPT期に入ってからのコントロールが難しいです。
(40代 歯科衛生士)

分野:補綴
状況:右上5番から左上5番までのTeCをダンゴから作らなければならなかった時。
歯科衛生士の範疇を超えてるかと思いました。。。
(30代 歯科衛生士)

分野:口腔外科
状況:口が開きにくい患者様で下顎水平埋伏智歯で歯冠部が破折してしまい、歯根部にへーベルがかからず、なかなか脱臼させられずとても時間がかかった
(40代 歯科衛生士)

分野:歯周病、インプラント、義歯
状況:全体的にペリオが進行して下顎はインプラントオーバーデンチャーで上顎がワンピースBrが入っていたので順序や患者さまのメンタルや娘さんの結婚やらで配慮がかなり必要だった。
(40代 歯科衛生士)

分野:歯周病
状況:動揺が大きくセルフケアを怖がってできない患者さん。清掃状態が悪く改善が難しかった。
(40代 歯科衛生士)

ご回答してくださった会員の皆さま、ありがとうございました。

DentResearch調べ
調査期間: 2022年7月7日~2022年7月18日
調査人数: 170名(Dentwave.com,歯科衛生士のcoe会員)

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

【プレスリリース】日本初の機能、デジタル歯科技工指示書サービス「DELTAN ORDER」の事前登録を1月20日より開始! IOSデータの一元管理の自動化が可能に ~歯科技工士と歯科医師のDXを加速させるサービス~

【プレスリリース】医師・歯科医師・薬剤師・医療従事者限定無料オンラインセミナー『分子栄養学的アイアンマンの作り方』1/29(日)朝10時開催 講師:寺田 武史先生(医療法人社団健静会 アクアメディカルクリニック/理事長・院長)

コロナ感染を経験した安住紳一郎アナ、抗体量を調べてわかったこと

いとうあさこ、抜歯後の歯茎にツノが… 歯科医も「1回も見たことない」 口の中に“ツノ”が生えた、いとうあさこさん。歯科医も「1回も見たことない」と驚く症状だったそうで…。

「東京科学大学」新大学名で思い出される伝説の珍事「日本科学大学事件」とは

噛む力はゴルフに重要! ロッテの「噛むスポプロジェクト」を覗いてみた

歯みがきイヤイヤ、太ももでロック… どうすればいいの? 赤ちゃんの歯のケア【小児歯科医が回答】

「うがいは少量の水で1回のみ」“フッ化物配合”歯磨き粉の適切な使い方を学会が提唱…新たに発表した理由を聞いた

新着ピックアップ