歯科医師所得は260万円余の比率が28.89%。

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

東京歯科保険医協会の2009年分確定申告アンケート結果(概要)を興味深く読んだ。

総収入が1000未満であると所得は赤字になる。

その額は平均83万余。

テナント開業でかつ従業員がいる場合、当然ながら赤字額は増える。

1000万円以上2000万円未満では所得は260万円余。

いわゆるワーキングプアである。

その比率が28.89%。

つまり約3分の1になる。

2000万円以上3000万円未満で515万円余。

この比率が22.22%。

歯科医院の約5割が、260万円余〜515万円余の層である。

また、地代家賃の平均は353万円。

高家賃のすべてが自費収入の割合が27%台。

つまり、高い家賃を払うために自費診療に力を入れているようにもみえる。

歯科衛生士がいないと収入も所得の少なく、経営的にはまったく成り立たない。

歯科衛生士を雇用できない歯科医院の経営は苦しく、ギリギリ経費を切りつめているとも言える。

以上の内容から、中医協の医療経済実態調査との乖離を感じる想いがした。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる