▶新規会員登録

ニュース

2009/03/06

医療関係団体・保険組合

日歯が抗議 ”偏見に満ちて、事実誤認の朝日新聞記事”

日本歯科医師会(大久保満男会長)は3月5日、朝日新聞東京本社編集局長に対して、記事についての抗議文を送付した。 問題となった記事は、2月27日、朝日新聞朝刊経済欄(15面)の”医療の値段「保険村」の闇”。さらに、政策欄(7面)”歯科医療費 改定幅超す伸び”の内容。「歯科医師が長年にわたり維持せんと努力してきたわが国の国民皆保険制度のあり方を歪曲する記事内容」と、抗議を申し入れた。低医療政策で、歯科は疲弊しているが、記事内容は偏見に満ちて、事実誤認、をしている、としている。朝日新聞は、記事を書くに際して、2月24日、日歯側に取材をしている。しかし、今回の記事は取材内容を一切無視した形で掲載された。「憤りを通り越し、失望の念を禁じ得ない」と日歯は抗議した。また、「匿名者からの一部取材を引用という形態をとり、あたかも総ての歯科医療機関が不正を行っているごとき印象を与える記述になっている」と指摘している。

ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策