▶新規会員登録

ニュース

2009/06/09

歯科医師関係

女性歯科医師29歳以下では40.6%を占る

日本歯科医師会の大久保満男会長は、平成20年3月5日の「女性歯科医師の会設立打合会」の開催を経て、「女性歯科医師の会ワーキンググループ(委員会〉」を設置した。

第1回委員会は、平成20年7月8日に開かれた。

ワーキンググループの使命を確認し、次いで女性歯科医師が直面する諸問題について自由討議をした。

第2回委員会は、平成20年10月22日開かれ、女性歯科医師が働く上での問題点を抽出、整理し、改善案を出し合った。

第3回委員会は、平成21年1月28日開かれ、第1回、2回委員会での論点を整理するとともに、議論が足りないと思われる事項について検討し、報告書菟のとりまとめ作業を行った。

平成18年12月31日現在の歯科医師数は9万7198人。

男:7万8254人(80.5%)

女:1万8944人(19.5%)

女性歯科医師数は増加傾向にあり、年齢が下がるほど女性の割合が増加。

29歳以下では40.6%を占めている。

平成18年度私立歯科大学・歯学部在籍生に占める女性の割合は約36%。

また、歯科医師国家試験の合格率は、過去5年(平成16年〜20年)は、女性が男性を上回っている。

女子学生の比率

国立公

私立

平成17年度

38.5%

35.6%

平成18年度

40.9%

37.1%

平成19年度

43.3%

37.6%

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

新着ピックアップ


医療現場でも活躍! エアラ ブルーライトプロテクト

第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策