倒産は6712件発生 需要低迷や減産の影響を受ける

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

医療機関は30件倒産 歯科7件

 

  帝国データによると、2009年度上半期(4月〜9月)の倒産は6712件発生し、前年同期の6343件を5.8%上回り、4年連続の前年同期比増加となった。  しかし、四半期ベースで見ると、2009年度第2四半期(09年7〜9月)は3192件、前年同期を2.4%下回り、集計基準変更の2005年度第1四半期以降で初めて前年同期比減少となるなど、昨年9月から続いた増加基調には歯止めがかかりつつある。

要因・背景

 

1.需要低迷や減産の影響を受け、製造、サービス、運輸・通信の3業種が半期ベースで最多

2.8月以降は金融支援策等の効果が浸透、9月は946件と1年4ヵ月ぶりの1000件割れ

 

 

負債総額

 

ポイント 半期ベースで最低を記録

 

  2009年度上半期の負債総額は2兆4673億9400万円で、リーマン・ブラザーズ証券(株)(負債3兆4314億円)など大型倒産が続発した前年同期の8兆4533億1800万円と比べ70.8%減少した。この結果、半期ベースでは2006年度上半期を下回り、集計基準変更後で最低を記録。四半期ベースでも第2四半期(09年7〜9月)は9738億8900万円と、初の1兆円割れとなった。

 

要因・背景

 

1.負債額トップは、東証1部上場の(株)ジョイント・コーポレーションの1476億円2.負債100億円以上の倒産は37件、前期の75件、前年同期の60件からほぼ半減

 

 

業種別

 

  ポイント 製造業、サービス業、運輸・通信業が半期ベースで最多業種別に見ると、7業種中6業種で前年同期比増加となった。製造業(1039件)は前年同期比23.1%の大幅増加で、半期ベースで集計基準変更後最多を記録。また、サービス業(1215件)、運輸・通信業(292件)も最多を記録した。一方、建設業(1732件)は唯一、前期、前年同期をともに下回った。

 

 

要因・背景

 

1.製造業・・・年初からの需要急減で、機械製造(170件、前年同期80件)が2倍超に増加2.建設業・・・公共工事前倒し発注の効果などもあり、地方圏での減少目立つ

 

なお、医療機関は30件倒産。負債総額は213億9500万円。歯科医療機関は7件、負債総額は7億4000万円。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

閉じる