「歯を残す改定を」−東京歯科保険医協会会長が見解

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

東京歯科保険医協会の松島良次会長は、3月16日に開催された記者懇談会で今回の保険改定について、「広く配点されており、減点、削除が少ないことは、多くの歯科医師が評価している」とコメントした。その上で、SPTなど歯を守るための行為や医学管理について、より歯科医師側のインセンティブを高める改定が今後の課題であると述べた。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる