「カルテは公的な性格持つ」−弁護士が研修会で指摘

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

神田大塚法律事務所の弁護士・武藤洋善氏は、カルテの作成・保存の目的について、歯科医師自身だけでなく患者への説明責任を果たすための備忘録で、裁判における証拠資料にもなるので「私的所有物ではなく公的な性格を有している」との認識を示した。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ