歯科では歯科医の裁量により抗生物質が頻繁に過剰処方されている

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

抗生物質の使用は、依然として議論の余地が残されている。最近の研究で、歯科インプラント感染症の予防における抗生物質の必要性について調査が行われた。筆頭著者のDr. Ismael Khouly(米国ニューヨーク大学歯学部、ブルーストーン臨床研究センター歯周病学・インプラント歯科学副所長)らは、抗生物質の予防的使用は総合的に健常な患者における術後の歯科インプラント合併症に影響を及ぼさないことを明らかにした。Khouly氏はこの話題についてのDTIの取材に、快く応じた。

歯科では歯科医の裁量により抗生物質が頻繁に過剰処方されている

Dental Tribune International:先生はなぜこの話題に取り組まれたのでしょうか?

Dr. Ismael Khouly:歯科インプラント埋入手術前の抗生物質予防投与、抗生物質の誤用と過剰使用、および抗生物質の処方に伴うリスクに関する現用の臨床ガイドラインがなかったため、システマティックレビューでこの話題に取り組むことに決めました。

医学文献をレビューしていると、股関節や膝関節などの手術における抗生物質予防投与に関する既存のガイドラインは、多くの場合、術後感染症に基づくものであることが分かりました。そのため、我々の抗生物質予防投与に関するシステマティックレビューでは、インプラント失敗の防止だけでなく、むしろ歯科インプラント手術における手術創傷感染症の防止に、重点的に取り組むことを決めたのです。

さらに…


出典:News Americas 2019/7/9
▶詳細はこちら
記事提供

© Dentwave.com

閉じる