小児の唾液中の微生物は性特異的な差異を示す

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

バンクーバー(カナダ):う蝕は低年齢小児に最も一般的な慢性疾患の1つであり、多因子性疾患である。女性のう蝕発生率は男性よりも高いが、小児でも同じ不均衡が認められるかどうかは明確にされていない。国際歯科研究学会(IADR)の第97回総会・展示会において、オレゴン健康科学大学(米国、ポートランド)のStephanie Ortiz氏による、小児の唾液中に存在するう蝕に関連する微生物の性特異的な差異に関するポスター発表が行われた。

小児の唾液中の微生物は性特異的な差異を示す

2歳から14歳までの小児85名(男児41名、女児44名)から唾液検体を採取した。単離ロボットを使用して微生物DNAを分離し、PCR検定に供した。


出典:News Americas 2019/7/1
▶詳細はこちら
記事提供

© Dentwave.com

閉じる