COVID-19禍で口腔がんが発見されない可能性あり

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

By Dental Tribune International

ダブリン(アイルランド):アイルランド癌学会によると、アイルランドでは毎年、約550人が口腔、頭頸部がんに罹患する。SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)とこれに伴う感染リスクを理由に、患者の歯科受診の機会が減りがちであるため、多数の口腔がんが見逃されたり、かなり末期になって診断されたりする可能性があるとアイルランドの歯科医師会は警告する。



口腔顎顔面外科医でアイルランド歯科医師会会長でもあるLeo Stassen教授は、同国がロックダウンを切り抜ける頃には、診断の遅れが全国的な問題になってくるだろうと警告した。「私は、大きな問題になると考えています」とIrish Timesに語った。
ロックダウンの期間中、Stassen教授は患者から送られてきた写真から、2例の口腔がん症例を確認した。しかし、患者の多くはSARS-CoV-2感染の可能性を懸念、あるいは救急歯科診療がロックダウン中も継続していたことを知らなかったという理由で、口腔がんの症状を認識、あるいは気づいているのに受診できていない。パンデミック発生前は、歯科医が毎年150~180例の口腔、頭頸部がんの発見に貢献してきた、とStassen教授は述べる。
口腔がんは早期に発見されれば、その生存率は約90%で…

出典:News International 2020/7/13
▶詳細はこちら
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

【第7波警戒】東京都で感染者倍増「BA.5」に置き換わりか「全国旅行支援」は先送りへ

[一般生活者1,000人を対象にした夏のマスク着用意向調査] 猛暑が続く今夏、マスクを外さない人が約8割!約3人に1人が感染症対策は「免疫力向上」を意識すると回答   最早の梅雨明けで迎えた熱中症の恐怖、新型コロナ感染症の再拡大のダブルリスク!専門家はマスク着用の新ルールを提唱

【速報】オミクロン株対応ワクチン イギリスで世界初の承認 従来型にも対応

【速報】“新系統”オミ株の初市中感染 デルタ株の特徴併せ持つ

PCR検査を自己判断で受けた場合は医療費控除の対象になる? その他の医療費控除についても解説

男性がより危険な口腔がん…飲食しながらの喫煙、虫歯、歯周病が原因 リスクを回避する方法は

長引く第6波→第7波突入の最悪シナリオ 感染力強いオミクロン株「BA.1.1」が主流に

新変異株「ケンタウロス」すでに国内流行か…感染力は「BA.5」の3.24倍?置き換わると感染爆発はどうなるのか専門家に聞いた

新着ピックアップ