歯科医療従事者が語る憧れの先輩「本音に迫る!歯科ネタ情報局」

この記事は
無料会員限定です。


この度、Dentwave.comでは会員の方々に対し、「憧れの先輩」に関してお聞きしました。
エピソードの募集は、2021年6月2日~2021年7月1日に行われ、合計195名の方々にご回答頂きました。

それでは早速、会員の皆さんのエピソードを見ていきましょう!

「歯科医師」が語る憧れの先輩
後輩の面倒見の良い、歯科医師としてだけでなく人としてまともな人
(歯科医師/30代)

難しい症例の複雑な要素を単純、簡素化ししっかりと患者さんに短時間で説明できる。自分が独立後も年に一度は食事に誘っていただいてアドバイスもいただいている。あんな先輩には自分はなかなか成れない。
(歯科医師/50代)

60歳を過ぎても積極的に新しい治療に取り組む先輩
(歯科医師/60代)

男女問わず、上司、同僚、後輩、衛生士さんや患者さんからも大人気の先輩がいました。誰にでも優しく気配りのできる人ですが、誰にでも毒舌で忖度なし(教授や患者さんにでさえ!)。
それなのに、その先輩が診療室にいるだけで安心、みんな笑顔。
それは裏表がないから?笑顔が素敵だから?お話が上手だから?それとも年の功・・・?
その先輩とは、私より30歳年上の元指導医です。3年間腰ぎんちゃくでした。
その後12年経ち、治療に関しては元指導医の真似事がやっと少し出来るようになってきたように感じています。
でもこの素晴らしい人柄だけは、未だ自分のものには出来てません(笑)
(歯科医師/30代)

麻酔はサービス業だよ。麻酔で病気は治らない。患者さんが苦痛なく、術者が上手く治療出来るようにセッティングすることが大事と言われて、全身麻酔が出来るだけでいい気になっていた自分に筋道を示してくれた。
(歯科医師/50代)

子育てを頑張りながら臨床を続けている。わたしはまだできないが、歯科医師会などにも積極的に参加しているのはすごいな、と思った。
(歯科医師/40代)

口腔外科医です。論理的な手術(誰でも習得することができる)をする先生を尊敬していました。今も尊敬しています。解剖学的知識や基本的な外科手技をマスターすれば誰もができるようになるのが本来の手術だと思います。器用さなどの先天的な才能に頼らない手技、考え方が大事。自分が教える時もそこを意識しています。
(歯科医師/50代)

臨床・研究・教育をバランス良くこなしている。
(歯科医師/30代)

自分が学生の時の大学の医局に40代とは思えない若さの女性歯科医がいた。あの若々しさ、仕事で生きがいを感じていたのかと憧れた。
(歯科医師/40代)

普段は地味な感じだが、治療になると歯内療法、歯牙形成、外科療法など短時間に完璧にこなしていく姿に憧れた。
(歯科医師/50代)

難しい症例をあえて難しいと言わず謙虚な姿勢で行う人
(歯科医師/30代)

自己中心的でなく協調性があり、自分に厳しく他人を思いやる心を持っている人。
(歯科医師/50代)

口腔外科の医局に入局した当時の指導医。
口数は少なく、手取り足取り教えてくれる先生ではなかったが、診療室に入ってきた患者さんを見るなり、血液検査の依頼、白血病が判明。口腔内を診るのではなく、患者さんを見ろといわれた。それ以来実践しています。
(歯科医師/50代)

常に前向きで、ネガティブなことを言わない
(歯科医師/50代)

「歯科衛生士」が語る憧れの先輩
指導が丁寧で、積極的に実践させてくれる先輩。きちんとできるように育ててくれているのが伝わって、頑張ろうという気持ちになれた。
(歯科衛生士/20代)

自分の軸がしっかりあり常に向上心があり、患者さんにも後輩にも優しく、時には厳しく接する事ができる人。
自分がどうしていきたいのか、周りのためにどうなりたいのかを常に考える姿勢が素敵だと思うからです。
(歯科衛生士/30代)

家事、育児と仕事をしっかり両立してしかも余裕がある
(歯科衛生士/40代)

専門学生時代 1人で実習に入った個人歯科のDHがすごく優しくて、仕事はテキパキこなすし、美人でスタイルも良くて憧れました。
地元に戻って就職したのですが、セミナーでお会いでき、名刺もいただいてそこから私が結婚・育児で1度仕事を離れるまで仲良くさせて頂きました。
(歯科衛生士/40代)

定期的にメンテにしっかり来てくれるように患者さんのモチベーション上げがうまい人がすごい。清掃不良衛生状態が悪く、テック等いれて、痛みが引いたらしばらく来なくなって...痛くなったらまた来て...と繰返しの方をしっかり完治させ、半年に1回程度メンテにくるようにDIQをあげていました。
(歯科衛生士/30代)

新卒1年目の職場で精神も肉体もボロボロになり転職した先の先輩。
無意味に頑張らなきゃとガチガチになっていた私にかけてくれた一言。
「頑張りすぎると疲れるよ」なんてことない一言ですが、あの言葉で勝手に自分で自分を追い詰めていたことに気づき、衛生士の仕事を伸び伸びとやれています。
あの時にあのタイミングであの言葉がなかったら今私はきっと衛生士を続けていないと思います。
(歯科衛生士/30代)

どんな小さい疑問、質問にも真摯に答えてくれる
(歯科衛生士/30代)

「歯科技工士」が語る憧れの先輩
仕事に厳しく、周囲にも自分にも妥協を許さないため、万人受けするタイプの方ではありませんが、確実な仕事から尊敬の念を抱いています。
(歯科技工士/40代)

自分が困っているときに、自然と手を差し伸べてくれた時。
(歯科技工士/50代)

いい加減な仕事をしない人
(歯科技工士/50代)

リーダーシップがあって、頼りがいのある先輩です。
(歯科技工士/30代)

「歯科助手」が語る憧れの先輩
患者さんに信頼されているところ!先生の扱いも上手なところ。
(歯科助手/30代)

自分の持ち場の仕事だけでなく、職場全体を通して全てにおいて精通して何でもこなせる先輩。患者さんからも慕われるような方。
(歯科助手/30代)

エピソードを聞かせてくださった会員の皆さま、ありがとうございました!

DentResearch調べ
調査期間:2021年6月2日~2021年7月1日
調査人数:195名 (Dentwave会員)
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ