日本口腔外科学会総会学術大会 シンポジウム「歯科領域における顕微鏡手術」

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

座長:群馬大学大学院 医学系研究科口腔顎顔面外科学講座・形成外科学講座/
群馬大学医学部附属病院 歯科口腔・顎顔面外科 横尾 聡 氏
座長:日本歯科大学生命歯学部歯科保存学講座 五十嵐 勝 氏

日本口腔外科学会のシンポジウムのテーマ演題として取り上げられていた『歯科領域における顕微鏡手術』では、歯内療法それから嚢胞手術、顎口腔再建手術、神経手術といった内容について歯科領域における顕微鏡歯科治療・手術の現状と今後について各分野のエキスパートによる講演が行われていた。確実な治療のために顕微鏡があり、顕微鏡を使うことによって外科医としての寿命が延びたと言う歯科医師もいる顕微鏡の存在は、今後、ますます重要視されていくことが予見できる各演題内容であった。

▼各演題の詳細レポートはこちらから▼


◆難治性根尖性歯周炎に対するEndodontic Microsurgery
医療法人豊永会きのもと歯科/大阪大学大学院歯学研究科 木ノ本 喜史 氏
◆広範囲(3歯以上)に進展した歯根嚢胞に対する顕微鏡視下歯根端切除の応用
群馬大学大学院医学系研究科口腔顎顔面外科学講座・形成外科学講座 小川 将 氏
◆遊離皮弁再建における鏡視鏡下吻合部血栓の予防戦略
群馬大学大学院医学系研究科口腔顎顔面外科学講座・形成外科学講座 牧口 貴哉 氏
◆口腔顎顔面における神経修復術の適応
東京歯科大学口腔病態外科学講座 西山 明宏 氏
記事提供

© Dentwave.com

閉じる