COVID-19感染のリスクを軽減する方法として空気清浄機が有効

COVID-19感染のリスクを軽減する方法として空気清浄機が有効

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

ライプツィヒ、ドイツ:パンデミックは歯科医師にとって試練の時であり、特に治療チームの安全性に影響を与える可能性のある決断をしなければならないオーナー歯科医師にとっては厳しい状況です。最近の研究では、歯科医療現場におけるSARS-CoV-2の感染率は、パンデミック宣言時に予想されていたよりも低いことがわかっており、感染率を抑えるためには空気清浄機が一役買う可能性があることが文献で示されています。

科学者たちは昨年8月、世界保健機関(WHO)に対し、SARS-CoV-2は長時間空気中に浮遊するほど小さい微小液滴を介して感染する可能性があることを認識するよう促しました。この時点で、多くの歯科医院のオーナーはすでに補助換気システムを見直し、アップグレードしており、さらに多くの歯科医院がそれを検討していました。その後、歯科医院での感染リスクを低減するための空気清浄機の使用は、さまざまな科学的研究によって検証されていますが、不確実性は残っています。

Scottish Dental Clinical Effectiveness Programme(SDCEP)による2021年4月のレビューでは、歯科におけるエアロゾル発生手順(AGP)の緩和に関する最近の文献が調査されました。多くの研究論文は実験的な性質を持ち、現在行われている豊富な科学的研究とその発表の緊急性のために、すべてが査読付きではありませんでした。SDCEPのレビューでは、SARS-CoV-2感染のリスクを軽減する手段としての空気清浄機の有効性に関する「より確実性の高い根拠」が不足しているため、空気清浄機は推奨されないとしている。

SDCEPのレビューが分析した研究の1つは、英国の研究者が2020年11月にBritish Dental Journalに発表したものでした。研究者らは、大量抽出を使用した場合と使用しない場合に実施されたAGP中の粒子数を測定し、比較しました。

彼らは次のように書いています。"エアロゾル発生の処置中に外部の大容量抽出装置を使用しない場合、マイクロモーター高速、エアタービン高速、低速および超音波ハンドピースの使用によるPM2.5およびPM10サイズの粒子数の有意な増加が見られます。"

この研究は、「A clinical study measuring dentalerosols with and without a high-volume extraction device」というタイトルで、こちらからアクセスできます。

口腔外スキャベンジングは粒子数を減らすことがわかった

SDCEPのレビューでは、1月にプレプリントサーバーmedRxiVで公開された英国の研究者による研究も引用されています。この研究では、機械的に換気されている介護施設と機械的に換気されていない介護施設でのAGP後の休止時間の計算と、口腔外清掃(EOS)によってエアロゾルの発生と休止時間を削減できるかどうかを検討しました。その結果、機械的に換気された治療室で行われたAGPでは、粒子数が少なく、AGP後10分以内にベースラインに戻ることがわかりました。EOSは、機械的に換気されていない環境でより大きな効果を発揮し、機械的に換気された部屋では粒子数の急増を抑えることができました。

著者らは次のように述べている。「換気ができない手術場では、AGP を実施すべきではない。AGPの機械的換気はゴールドスタンダードであるべきで、それができない場合や実用的でない場合は、EOSを用いた自然換気を行うことでFTを減らすことができる。

この研究は、「Fallow time determination in dentistry usingerosol measurement」というタイトルで、こちらからアクセスできます。

5月、ドイツの研究者らは、歯科学生の実習で高流量吸引を行った際のAGPによる小粒子濃度を、モバイルEOSデバイスを使用した場合と使用しなかった場合の両方で調査しました。その結果、EOS装置を使用した方が、高速で歯を作製した後に低い粒子数が検出されました。研究者たちは、高流量吸引が小粒子数の減少に効果的であり、EOS装置を使用することでさらに減少することを発見しました。

「EOS装置の追加使用は、高速歯面処理など、特に小さな粒子を発生させる治療を行う際に、より多くの人がいて、他の保護手段をすべて使い果たしてしまった場合には、慎重に検討すべきである」と著者は書いている。

この研究は、「The efficacy of an extraoral scavenging device on reducing aerosol particles ≤ 5 µm during dental aerosol-generating procedures(口腔外掃気装置の歯科治療中のエアロゾル粒子削減効果。An exploratory pilot study in a university setting」と題されたこの研究は、BDJ Openに2021年5月に掲載され、こちらからアクセスできます。

大容量吸引が有効な緩和策となることが判明

英国のリーズで行われた研究では、歯冠形成や根管治療の際のウイルス空気濃度を測定し、AGP時のリスク軽減策を評価することを目的としました。手技はエアタービンまたは高速コントラアングルハンドピース(HSCAH)を使用し、ラバーダムや高速吸引などの緩和策を用いた場合と、緩和策を用いなかった場合で実施された。
研究者らは、「空気タービンと比較して、HSCAHは、緩和策なし、吸引、ラバーダムで、沈降したバイオエアロゾルをそれぞれ99.72%、100.00%、100.00%削減した。また,空気中のバクテリオファージ濃度は,同様の緩和策により,99.98%,100.00%,100.00%低減した。HSCAHを使用して大量吸引を行った結果,非スプラッター沈降プレートと処置後6~10分後の空気サンプルの両方において,バクテリオファージは検出されなかった。"

研究者らは、HSCAHと大量吸引やラバーダムを併用することで、長期の休息期間を回避できると結論づけた。研究者らは、「これらのツールを歯科医院に装備することは、歯科医師チームとサービスの健康、安全、そして将来を守るために非常に重要である」と記している。

この研究は、「Dental mitigation strategies to reduce aerosolization of SARS-CoV-2」というタイトルで、8月にJournal of Dental Research誌に掲載され、こちらからアクセスできます。

多くの研究結果から、空気清浄機は歯科医療現場におけるSARS-CoV-2感染リスクの低減に役立つことが示唆されています。しかし、SDCEPのレビューでも指摘されているように、このテーマはさらなる研究が必要であり、一般的な合意が得られるまで、オーナー歯科医が自ら文献を評価する必要があるかもしれません。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Jeremy Booth, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる