スウェーデンの歯科医院で人種差別が横行していることが調査で判明

スウェーデンの歯科医院で人種差別が横行していることが調査で判明

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

ストックホルム、スウェーデン:スウェーデンの新聞「Dagens Nyheter」は、北欧諸国の公立・私立の医療機関や歯科医院において、民族差別が広く行われていることを明らかにしました。同紙の記者が、いわゆる「スウェーデン系」の医師による治療を希望する新患を装って100以上の医療機関に問い合わせたところ、約半数の医療機関が彼らの要求を受け入れたことがわかりました。

この調査は、Dagens Nyheter社が、白人以外の医療・歯科関係者の文化的背景にかかわらず、患者が治療を拒否しているという複数の報告を受けたことを受けて開始されました。スウェーデンのローカル紙に掲載された記事によると、ここ数週間、スウェーデンの警察官がラジオで外国人であることを理由に職業上直面した問題や偏見について語ったことで、組織的差別に関する話題が国内で激しく議論されているとのことです。

続いて、Dagens Nyheter社の記者チームは、「近々、新しい自治体に引っ越すので、新しい医療機関に登録する必要がある患者さん」という口実で、全国120の医療機関や歯科医院に連絡を取りました。すべての会話の中で、「スウェーデン系スウェーデン人」または「スウェーデン系民族」の医療従事者が求められました。その結果、51の医療機関が要請に同意し、40の医療機関は同意せず、残りの多くの医療機関にはスウェーデン人の血を引くスタッフしかいませんでした。

報告書によると、Östersund市のある公立歯科医院では、スウェーデン人の血を引く歯科医師を提供するだけでなく、外国人の血を引く歯科医師を避けるためのヒントも提供していました。一方、スウェーデン全土で診療所を展開する大手民間歯科チェーンのSmile Tandvårdでは、5つの診療所で見込み患者に歯科医師の民族を選ぶオプションを提供していました。Smile Tandvård社は、Dagens Nyheter社の調査結果についてコメントを控えています。

スウェーデンで有色人種の女性として初めて脳神経外科医の資格を取得したKatrin Rabiei博士は、この報告書の結果に不満を表明しました。

<Twitter Katrin Rabiei,MD phD>
スウェーデンの患者は、@dagensnyheterの報告によると、白人のスウェーデン人医師をリクエストすることができるそうです。
もしあなたが人種差別主義者であれば、他の外科医に診てもらった方がいいと思います。私はすでに日常的に人種差別を経験しているので、これ以上は必要ありません。
コメント/引用ツイートは、スウェーデンの人種差別の大きさを明確な言葉で語っています。

「法律は明確です。雇用者として、民族を理由に差別や不利益を与えてはいけません」と、平等オンブズマンの責任者であるLars Arrhenius氏はDagens Nyheterに語った。「雇用主がそのようなことをすれば、差別禁止法の違反につながる可能性があります」と付け加えた。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Brendan Day, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ