歯周病と体の防御反応に関する新たな知見を得た研究

歯周病と体の防御反応に関する新たな知見を得た研究

カテゴリー
記事提供

© Dental Tribune

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

シアトル,米国: バイオフィルムの蓄積は、歯肉炎、歯周炎、歯の喪失など、多くの口腔内の健康問題を引き起こすだけでなく、心臓病、糖尿病、がん、関節炎、腸疾患など、その他の深刻な健康被害にもつながります。歯肉炎の個人差をより深く理解するために、研究者らは最近、歯垢の蓄積に対するヒトの宿主および微生物の反応を特定し、分類しました。今回の研究は、炎症に関連した健康問題の影響を受けやすい人がいる理由を説明するのに役立つかもしれません。

この研究には21人の参加者が含まれ、研究者たちは臨床評価と、初期および後期の時点での口腔内細菌のサンプリングを行いました。データを解析した結果、参加者は口腔内の細菌蓄積に対するさまざまな炎症反応を示し、その中にはこれまでに知られていなかった宿主の反応のバリエーションも含まれていることがわかりました。これまで、口腔内の炎症の表現型としては、「臨床反応が高い」と「臨床反応が低い」という2つの主要なタイプが知られていました。今回の研究では、細菌が蓄積した後に強い炎症反応が遅れて現れることから、「slow」と呼ばれる第3の表現型が確認されました。

さらに、臨床反応が低い被験者は、さまざまな炎症シグナルに対する炎症反応が低いことも明らかになりました。「共同執筆者であるワシントン大学歯学部教授のRichard Darveau博士は、プレスリリースで次のように述べています。「今回の研究では、細菌の蓄積に対する炎症反応に、これまでにない不均一性があることが明らかになりました。

共同執筆者である同大学歯周病学准教授のJeffrey Scott McLean博士は、「研究を開始する前に、歯垢の発生が遅く、微生物群集の構成が異なる特定のグループを発見しました」と説明しています。

研究者らは、歯肉の炎症のバリエーションを理解することで、歯周炎を発症するリスクの高い人をよりよく特定できる可能性があるとしています。さらに、炎症反応の変動は、炎症性腸疾患など、慢性細菌が関与する他の炎症性疾患の罹患率と関連している可能性があると考えています。

最後に、研究者らは、バイオフィルムの蓄積によって引き起こされ、炎症時に軟部組織や骨を救うのに役立つ、身体による新しい保護反応も特定しました。この研究によると、このメカニズムは、健康的なホメオスタシスを維持するために、好中球を使って口腔内の細菌数を調節するものである。

口腔衛生の重要性について、Darveau氏は次のようにコメントしています。口腔衛生の考え方は、実際に歯の表面を適切な細菌で再コロニー化し、宿主の炎症反応に参加して不要な細菌を排除することです。

この研究は、「Human variation in gingival inflammation」と題され、2021年7月6日、米国科学アカデミー紀要のオンライン版に掲載されました。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ