歯科医療政策の未来を語る ―歯科口腔保健法を実効性のある具体的な政策へ―

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

歯科界の悲願であった歯科口腔保健法(歯科口腔保健の推進に関する法律)の公布・施行(平成23年8月10日)からもうすぐ10年。しかし本法律は理念法であるがゆえに、現在においても、実効性のある具体的政策に結び付いているとは必ずしもいえません。
 2011年の同法成立に、与党の立場で尽力した西村まさみ元参議院議員と、医療経済学の東京医科歯科大学大学院 医療経済学分野の川渕孝一教授をゲストにお迎えし、歯科口腔保健法を切り口に「歯科医療政策の未来」を語っていただきます。
歯科医療政策の未来を語る。
―歯科口腔保健法を実効性のある具体的な政策へ―
・東京医科歯科大学大学院 医療経済学分野 川渕孝一教授
・元参議院議員 西村まさみ
対談参加者

西村まさみ 先生

東京都中野区開業
元 参議院議員
日本歯科大学生命歯学部客員教授

略歴
平成元年3月 日本歯科大学歯学部卒業
平成元年4月 東京医科歯科大学歯学部第3歯科保存学教室入局
平成8年7月 まさみデンタルクリニック開設(東京都中野区)

川渕孝一 先生

東京医科歯科大学大学院
医療経済学分野 教授


略歴
昭和58年3月 一橋大学商学部商学科卒業
昭和62年6月 シカゴ大学経営大学院修士課程(MBA取得)修了
平成元年8月 民間企業を経て厚生省国立医療・病院管理研究所(現在の国立保健医療科学院)医療経済研究部勤務
平成10年4月 日本福祉大学経済学部経営開発学科 教授
平成12年4月 東京医科歯科大学大学院 教授
動画を見る
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる