舛添厚生労働大臣が、義弟の政策秘書の露木さんを解雇

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

舛添要一厚生労働大臣が、義弟の政策秘書の露木隆之さんを解雇したことが、歯科界で話題になっている。 露木さんは、舛添さんの妻の弟で神奈川歯科大学出の歯科医師である。 日本歯科連盟の次期参議院選挙の候補者として名乗り出たなかの一人でもあった。 その露木さんが、2月7日開かれた、神奈川県歯科医師連盟の「デンタルミーティングINかながわ」で、命取りになる発言をした。 歯科医師同士の仲間意識での発言と推察されているが、「レセプトのオンライン化の抜け道を考えている」と言ってしまった。 つまり、厚生労働省の既定路線を否定したのである。 これでは、舛添厚生労働大臣のメンツも潰れる。 露木さんは、「歯科の件数を医科に揃え100件に引き上げ、その間に、また対応を考える」とリップサービス発言。 その発言が、歯科専門新聞に掲載されたことで、厚生労働省が騒ぎ出し、舛添さんは義弟を解雇したとされる。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる