▶新規会員登録

ニュース

2009/11/17

厚生労働省・行政・政治

矯正用インプラントアンカー(不正咬合)

厚生労働省

「医療ニーズの高い医療機器等の早期導入に関する検討会」

 

国内未承認となっている体外式補助人工心臓装置など8件を、早期導入の評価対象品目に追加することを決めいるが、歯科関係の公知申請に載せる機器は以下。

 

▽矯正用インプラントアンカー(不正咬合)

▽歯科用覆髄材料(根尖未完成歯の根尖歯周炎、歯髄炎等)

▽根管用治療用材料(根管穿孔による歯根膜炎、根管治療予後不良の逆根管充填適応歯等)。

 厚労省が今年4〜6月に医療ニーズの高い機器を募集、関係学会から63件の要望書が提出された。

このうち、承認済み・申請・審査中であったり、海外でも承認されていない機器を除く12件(未承認8件、適応外4件)について、専門家による選定ワーキンググループ(WG)が優先度を検討。

未承認機器については、5件を「優先度1」、3件を「優先度2」に選定して企業に開発を促し、適応外機器については、3件を公知申請ルートに載せることにした。

優先度1は以下。

 

▽植込み型心臓ペースメーカ/心内膜植込み型ペースメーカリード(対象:徐脈性不整脈)

▽体外式補助人工心臓装置(乳幼児・小児の重症心不全患者、移植待機患者)

▽末梢血管用カバードステント(腸骨動脈等における動脈瘤、外傷性・医原性血管損傷による血管内治療)

▽創外固定器用/固定用金属ピン(四肢長管骨等の骨延長等、骨端軟骨組織の変形矯正等)▽経口咽喉頭腫瘍手術器具(咽喉頭腫瘍)。

 

優先度2は以下。

▽気管・気管支用ハイブリッドステント(気管・気管支狭窄)

▽EAS Hearing Implant System(低音域に残存聴力を有する高音急墜型の聴力像を呈す感音難聴)

▽唾液腺内視鏡(唾石症)など。

 

 

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

keyword

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策