▶新規会員登録

ニュース

2009/07/23

歯科技工士関係

歯科技工士は「50歳以上」が12,411人(35.1%)で最多

年齢階級別にみた就業歯科衛生士・歯科技工士数

 歯科技工所は19,369か所で、前回に比べ66か所(0.3%)減少している。 年齢階級別にみると、歯科衛生士は「25〜29歳」が18,338人(構成割合19.0%)と最も多くなっており、歯科技工士は「50歳以上」が12,411人(35.1%)と最も多くなっている。就業歯科衛生士・歯科技工士及び歯科技工所の調査は、如実に歯科界を反映しており、ある意味で注目される。慢性的な歯科衛生士不足。前回比,503人(10.9%)増加、それなのに不足なのである。そして、歯科技工士の高齢化が、歯科技工士の斜陽化を体現している。責任の所在は、論を待たない。国の低医療費政策である。時給700円前後くらいの歯科技工の過酷な現実がある。

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策