歯科技工士は「50歳以上」が12,411人(35.1%)で最多

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

年齢階級別にみた就業歯科衛生士・歯科技工士数

 歯科技工所は19,369か所で、前回に比べ66か所(0.3%)減少している。 年齢階級別にみると、歯科衛生士は「25〜29歳」が18,338人(構成割合19.0%)と最も多くなっており、歯科技工士は「50歳以上」が12,411人(35.1%)と最も多くなっている。就業歯科衛生士・歯科技工士及び歯科技工所の調査は、如実に歯科界を反映しており、ある意味で注目される。慢性的な歯科衛生士不足。前回比,503人(10.9%)増加、それなのに不足なのである。そして、歯科技工士の高齢化が、歯科技工士の斜陽化を体現している。責任の所在は、論を待たない。国の低医療費政策である。時給700円前後くらいの歯科技工の過酷な現実がある。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

一児の母・元歯科技工士が授乳に悩むママにむけて企画&開発 哺乳瓶用ニップル「ママのおっぱいのむんだもん」12月15日(水)新発売   =赤ちゃんの舌・顎の成長やトレーニングに最適=

【プレスリリース】日本初の機能、デジタル歯科技工指示書サービス「DELTAN ORDER」の事前登録を1月20日より開始! IOSデータの一元管理の自動化が可能に ~歯科技工士と歯科医師のDXを加速させるサービス~

約9割が”コロナのワクチンの接種を受けた“ 接種後の副反応は?

歯科衛生士・技工士学校15校以上参加…進学説明会8/28

「5年で7割辞めると言われる」歯科技工士、止まらない収入の二極化に「このままでは絶滅の危機」

オリンピックでは選手の「口」にも注目  パフォーマンスがアップするカスタムメイドのマウスガード

怒れる北朝鮮老人の訴えで歯科技工士3人が逮捕された理由

寄付ではなく“業務発注”…ウクライナ歯科技工士の「生活やプライド」支援 世界で広がる職人の輪【鳥取発】

新着ピックアップ