▶新規会員登録

ニュース

2009/07/17

歯科医師関係

札幌の歯科医院前田院長の保険医登録取り消しが確定

 札幌の歯科医院「デンタルライラック」の前田英一院長(44)の保険医登録取り消し処分が7月16日、確定した。

 北海道厚生局は同日、健康保険の自己負担分を無料にすることは、健康保険法に抵触するとして、北海道地方社会保険医療協議会に同医院の行政処分を諮問、了承を得た。

 前田院長の保険医登録取り消し期間は、7月25日から5年間となる。

 札幌のNPO法人と歯科医院が一体となり、患者がアンケートに答えると「労務料」として自己負担分を無料にしていたことは、社会的に波紋を広げ、地元歯科医師会は行政当局に抗議を申し入れていたが、大きな波乱の末に違法と行政が判断した。

 また、同院の監査結果で22万円の不正請求が分かったとされている。

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

keyword

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策