日歯 渡辺常務理事が診療報酬改定で概要を報告

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

学術的な裏づけをもって中医協の審議に臨む

  

 日本歯科医師会の代議員会から主な質疑を取り上げる。

今回の診療報酬改定について、まず、渡辺三雄常務理事(保険担当、中医協委員)は、「医科の呼吸管理に、明文化はされなかったが、チーム医療として、口腔管理の専門家としての歯科医師、歯科衛生士の役割が加えられた」と報告した。

また、以下の新設項目について述べた。

 地域歯科診療支援病院の算定

初診料の加算:障害者歯科医療連携加算100点 新設

地域歯科診療支援病院の算定

障害者に対する歯科衛生実地指導料100点月1回 新設

在宅及び障害者歯科医療に係わる連携推進(診療所の算定)

診療情報提供250点 連携推進の加算 +100点 新設

有床義歯調整管理料30点 新設

混合歯列期の歯周組織検査の導入40点 新設

エックス線撮影の評価の見直し

時間外加算110点 新設

休日深夜に撮影、診断を行った場合に所定点数に加算する。

摂食機能療法に係わる技術料の新設

床(義歯)型口腔内装置2000点 新設

院内技工士の評価の導入

歯科技工加算1装置につき20点 新設

歯科医療機関内に歯科技工士を配置し、その技能を活用している歯科医療機関の取組を評価する。

中医協で発言することが、次の改定につながる。

ちゃんとしたタイムスタディや諸々のデータを蓄積し、また、学会からの提言をいただいて、学術的な裏づけをもって、そうしたデータを基に中医協において確りと、平成24年度の診療報酬改定へ向けて、審議を行っていく考えでいる。

是非、全国の先生方のご協力をお願いしたいと思う。

詳細は、この報告書に記載してあるので見ていただきたい。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる