参議院埼玉選挙区の島田智哉子さん(民主党)惜敗

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

参議院議員埼玉選挙区(定員3人)の民主党の島田智哉子さん(47)は2期目を目指したが、およばなかった。

あらかじめ、自民党現職の関口昌一さん(57、歯科医師)が楽勝とされていた選挙区。

まず、関口候補が3期目の当選を決めた。

残る2議席を民主党と公明党が争う構図として注目されていた。

民主党は2人の候補を立て独占を狙ったが、前回の参議院選で候補者が落選した公明党が最重点区として背水の陣で臨んだ。

公明党は2期目を目指す西田まこと候補を、全国的な支援体制で臨んだ。

最後まで西田候補は当落線上にあると危機感を募らせていたが、全力を傾けて選挙戦を闘った結果、何とか当選を勝ち取った。

一方、島田候補は結局、最後は民主党新人の大野元裕候補(46)との接戦となって落選した。   

当選した大野さんは、中東調査会客員研究員(在シリア大使館書記官、川口市在住、慶大卒)で知名度も高かった(現代中東情勢に関するコメンテーターとして、マスメディアへの露出も多い)。

島田智哉子さん:民主党費者問題特委理事、民主党歯科医療議員連盟会長代行、歯科医師(党副幹事長)、

明海大学歯学部卒。東京都在住。参議院議員1期。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる