▶新規会員登録
  • HOME
  • 記事
  • 特集記事
  • 20代~60代女性500名を対象とした「美容にかかる費用の比較調査」

記事

20代~60代女性500名を対象とした「美容にかかる費用の比較調査」

歯列矯正にかかる平均費用は?透明に近いマウスピース装置(アライナー)による矯正歯科装置を提供するアライン・テクノロジー・ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役:福村敏夫)は、「美容にかかる費用の比較調査」を実施しました。

歯列矯正は、長く見るほど賢い投資!?
美容にかかる平均費用は?

調査では、1カ月の美容にかかる費用について聞いたところ、各項目の平均値は「美容院」で6,063円、「エステ・マッサージ」で8,027円、「エクササイズ・ジム」で8,234円でした。

20年換算すると、「美容院」で145万円、「エステ・マッサージ」で192万円、「エクササイズ・ジム」で196万円という結果に。

それに対し、「歯列矯正」の治療費は一般的に約100万円かかりますが、20年換算すると100万円、1カ月換算した場合の費用は4,166円に。

20年換算すると、「歯列矯正」よりも日々の美容にかかる費用のほうが高くなることが分かり、「歯列矯正」の生涯価値の高さが伺えます。
ちなみに、「毎日のカフェ」は1カ月の平均値が8,000円、20年換算すると192万円で、積み重ねると「歯列矯正」よりも金額が高くなることが分かりました。

歯列矯正について
歯列矯正について

歯列矯正には、複数種類があり、主なものとしては「金属ブラケット矯正」「審美ブラケット矯正」「裏側矯正」「マウスピース矯正」などがあげられます。それぞれメリットやデメリットがありますが、「マウスピース矯正」は、透明に近く周囲の人から気付かれにくいのはもちろん、簡単に取り外しができる点が特徴です。また、段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するため痛みが少なく、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配が少ないと言われています。

治療期間や費用

症状により異なりますが、治療期間の目安は1年~2年と言われており、矯正方法が異なったとしても、治療期間はほとんど変わらないと矯正歯科医より報告されています。
また、費用について、歯列矯正は特殊な場合を除き保険が適用されておらず、金額は様々です。アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社が2013年に実施した『「よい歯の日」矯正歯科治療・患者意識調査』によると、実際にかかった治療費について、「50万円未満」が43%、「50~100万円」が34%となっており一概には言えませんが、今回は100万円を目安に比較を実施しました。

歯科医師の先生からのコメント
社会に出ると求められることが多くなる「笑顔」。そのため、笑顔の際に見える歯並びにコンプレックスを持つ人が多いと感じます。実は歯並びは解消できる数少ないコンプレックスの1つです。笑顔を改善することで明るい雰囲気に一気に変わる患者様が多く、中には歯列矯正後に「歯並びがすごく綺麗になったね」と声をかけられたのをきっかけに、結婚まで至った女性もいました。

審美的な効果に加え、歯並びが改善され、口の中をケアしやすくなるのはもちろんのこと、口の中の唾液の流れが良くなることで歯周病の予防にもなり、成人病を防ぐということも最近の研究では報告されています。さらに、歯列矯正をすると、自分の歯を大切にしようという気持ちが生まれ、ひいては全身の健康維持に繋がります。その気持ちこそ、一生モノの価値があるのではないでしょうか。

最近は目立ちにくい矯正方法が登場して、忙しい女性の患者様も増えてきています。マウスピース矯正は目立ちにくいのはもちろん、従来の矯正方法よりも通院回数も少なく、忙しい女性にはピッタリの矯正方法です。治療を終えた患者様は、「やってよかった」と言ってくれる歯列矯正。ぜひ歯列矯正に興味がある方は、勇気を持って飛び込んでみてください。

コメント:松岡 伸也先生(銀座クリアデンタル)

調査内容
■調査時期: 2017年6月
■調査方法: インターネット調査
■調査対象: 20~60代、女性、東京在住、500名
■調査設計: アンケート調査

記事一覧
世界標準のフッ化物応用を始めよう(2018/09/19)臨床歯科医と歯科麻酔科医のチーム医療実現と環境の構築(2018/09/13)歯科学生の研究意欲向上と歯科医療の高度な発展に貢献するSCRP(2018/09/13)いま求められる「過不足のない消毒滅菌管理」—消毒滅菌管理にも断捨離をー(2018/09/12)【スペシャルレポート】EuroPerio9のメイントピックから(2018/09/10)健康長寿社会の実現に向けた歯科医療のイノベーションを起こす(2018/09/10)インプラント治療を通し、歯科系最大学会として、超高齢社会における責任を果たす(2018/09/10)ボリビアにおける歯科医療の実態とは?(2018/08/17)5-D Japan 10周年記念大会-世界の潮流と5-D Japan コンセンサス(2018/08/10)歯科分野に係る診療報酬改定に関するポイント -地域包括ケアシステム編(3)-(2018/07/12)歯科分野に係る診療報酬改定に関するポイント -地域包括ケアシステム編(2)-(2018/07/05)より優れた治療結果のために 治療の進化を支えるデンタルソリューション(2018/07/05)歯科分野に係る診療報酬改定に関するポイント -地域包括ケアシステム編-(2018/06/27)超高齢社会の中で、歯科医が果たす新たな役割(2018/06/26)【カンボジア発】世界は今、どこへ向かうのか?著しい経済発展の陰で、歯科医療現場の道は未だ険しい(2018/06/20)【オランダ発】世界は今、どこへ向かうのか?先端医療と予防が共存する国オランダ(2018/06/20)【プレスリリース紹介】歯並びが悪いと、3分磨いても歯垢は落とし切れない?!(2018/06/11)歯科分野に係る診療報酬改定に関するポイント -院内感染防止対策編-(2018/05/14)【アメリカ発】世界は今、どこへ向かうのか?臨床、教育現場で拡大し続けるデジタルデンティストリーの波(2018/04/13)【オピニオンリーダーに聞く】グローバルな歯周病学会を目指し、海外の学会と連携、年次大会を開く(2018/04/06)【企業トップに聞く】歯科領域の健康管理を目指しMiと審美治療の製品を開発(2018/03/29)【特集記事】第111回歯科医師国家試験の総評と今後の展望(2018/03/23)【サウジアラビア発】世界は今、どこへ向かうのか?欧米と肩を並べる教育制度と専門医制度(2018/03/22)【オピニオンリーダーに聞く】学問を通して歯科医療の重要性を国民にアピール(2018/03/16)International Magazines紹介(2018/01/12)歯科医は臨床データに裏付けられた 科学者であるべき(2017/12/04)欧米の考え方と取り組み方を学び、アジア歯科医療のリーダーになろう(2017/11/26)20代~60代女性500名を対象とした「美容にかかる費用の比較調査」(2017/11/22)留学体験は大きな財産。 論理的思考と感性が磨かれた(2017/11/13)アメリカの大学院で学んだ歯科医師としての倫理観を大切に(2017/11/06)世界の歯科の動きにアンテナを巡らせ、日本の優れた歯科医療を世界へ発信(2017/10/30)60代以上の男女400名を対象とした「歯並びと歯の残存数に関する意識調査」(2017/04/24)最新!オトナの歯列矯正事情(2016/06/03)

新着ピックアップ


安定した義歯の咬合採得を行うには

廃業しない!! 歯科医院に最も必要なことは?

世界の潮流と5-D Japan コンセンサス

運用方法の実例をご紹介!

医療現場の感染管理 過去・現在・未来