▶新規会員登録

記事

2018/09/25

みんなが考える!院内恋愛の在り方

みなさん、こんにちは。歯科業界をとにかく知りたい編集部のルーキー片岡です。
ここでは私が気になった「歯科業界の○○」と題して、徹底的に調査していきます。

今回、私が気になったことは「歯科医院での院内恋愛」です。

一般的に歯科医院といえば、男性の歯科医師がいて、女性の歯科衛生士が歯科医師1人に対して複数人いるという構図だと思います。歯科医師と歯科衛生士の連携やコミュニケーションは大切だという考え方もありますし、両者の関係性の深さが医院を経営する上で重要な要素だと言っても過言ではないはずです。

そこで、ふと疑問に思ったことがあります。
歯科医師と歯科衛生士はビジネスライクだけの関係だけで成り立つのでしょうか?
歯科医院という閉鎖的な空間で毎日長時間接することにより、仕事の垣根を超えた関係性が生まれてもおかしくないのではないでしょうか?

今回は現役の歯科医師と歯科衛生士の方々に院内恋愛についてお聞きしました。
早速、その結果を見ていきましょう!
あなたの歯科医院では、院内恋愛はどのように捉えられますか?
70%以上の方の歯科医院では院内恋愛は「許される」という結果になりました。
歯科医院は人数も空間も一般的な企業より小さく、職場恋愛の影響は大きいというイメージでしたが意外と認められている医院が多いことが分かりました。

では実際に院内恋愛をしたことがある方はどれくらいいるのでしょうか?
これまでに同じ院内で勤務している方と交際したことはありますか?
約20%の方が、院内恋愛を経験されていました。
ちなみに「はい」と回答された方はすべて歯科医師の方々でした。
やはり、歯科医院に数少ない男性ということもあり恋愛に発展しやすいのでしょうか?

実際に院内恋愛に至った方に交際に至った理由もお聞きしました。
交際に至った理由を教えてください。
第1位価値観が合ったから
第2位性格が良かったから
第3位ルックスが良かったから
最も多くの理由になったのが「価値観」という要素でした。
歯科という業界で働くと、業界特有の考え方や視点が身に付いてしまう方が多いでしょう。
考え方や価値観の理解は交際相手を選ぶ条件において大切なことですし、歯科で培った価値観を分かち合えることは歯科医療従事者にとって重要な要因なのかもしれません。

また、第3位の「ルックス」について歯科衛生士は美人が多いと噂の職業です。
1つ目の理由は「院長が面接段階で美人を採用しているため」、2つ目の理由は「マスクと制服により美人に見える補正がかかるため」だと言われています。
そんな状況下での勤務となると、院内で恋愛感情を抱くのも無理はないかもしれません。

では、もしも院内で自身が恋愛をすることになった場合、みなさんはどのような立ち居振る舞いをするのでしょうか?
もしもあなたが院内恋愛をした場合、職場のスタッフに打ち明けますか?
【打ち明ける派】
「みんなが事実を知らないと逆に仕事に支障をきたすため。」
「交際を隠す理由が見つかりません。」
「黙っているリスクやデメリットの方が大きいから。」

【打ち明けない派】
「他のスタッフに気を遣わせてしまうくらいなら言いません。」
「別れたときのことを考えると、とても面倒なので隠し通します。」
「浮かれて仕事に集中ができなくなります。仕事の場では考えないためにも他者には秘密です。」

打ち明ける派と打ち明けない派で意見が分かれました。
やはり多くの方は「仕事への影響」という点に重視されているようですね。
特に女性はもし破局してしまった場合に居場所を失うかもしれないというリスクを思い浮かべる方も多いようです。
どちらにしても関係を悪化させるような付き合い方は避けたいものですね。

最後に、院内恋愛に対してどのようなイメージを持っているか職種別に聞いてみました。
院内での恋愛に対してどのようなイメージをお持ちですか?
歯科医師では「良い・どちらかというと良い」に回答した方が10%以上いましたが、一方で歯科衛生士は「良い」と回答した方は0でした。
この結果から男女で院内恋愛に対する考え方は違うということが改めて分かりますね。
やはり女性の方が恋愛に対する考え方は慎重な気がします。
院内恋愛に対して、あなたの意見をお聞かせください。

「小さな個人医院では問題もあると思います。スタッフの数が多い大きな組織になると話は変わってきます。筋の通った事であれば何ら問題はないと思います。」

「計画的に運用できれば生産性があると思うが、偶発的なものであれば余り勧められない。」

「良い環境だという証拠だと思う。」

「歯科業界では、クリニック以外での出会いが少ないので、院内での恋愛は良いと思う。実際に、同僚のほとんどは歯科医師と結婚している。同じ職業であれば話も合うし、結婚した後も上手くいくケースが多い。」

「恋愛の自由を尊重する。 お互いに励ましあい仕事にプラスになってくれればいいと考える。もし結婚式に招待されたら、出席が1度で済むし、ご祝儀も1回で済むのはありがたいです(笑)」

院内恋愛は付き合い方をしっかりして、周りに悪影響を与えなければ問題がないというポジティブな意見が多く集まりました。恋愛も仕事も真面目に取り組み、それらが相乗効果でプラスになるのであれば素晴らしいことだと思います。

ただし、それが自分自身の場合は話がまた別という意見も多いのも事実です。 もしも院内恋愛を考えている場合は、まずはお互いの職場恋愛に対する価値観をしっかりと把握することが必要かもしれません。

院内の関係を悪化させる交際だけにはくれぐれもご注意を…!
DentResearch調べ
調査日時:2018年9月15日
調査人数:214人 (Dentwave会員 歯科医師・歯科衛生士)
本音に迫る!歯科ネタ情報局:ルーキー片岡の歯科業界ここが知りたい!

新着ピックアップ


診療室の消毒を簡単にするには?

医療機関のホームページも“広告”扱いに!?

医療コミュニケーションを考える -その2-

チーム医療で取り組む歯科医院づくりの実践