歯科医師の仕事の満足度: 新しい調査では、歯科専門医の満足度が高い

歯科医師の仕事の満足度: 新しい調査では、歯科専門医の満足度が高い

カテゴリー
記事提供

© Dental Tribune

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

韓国・全州(チョンジュ)市: 歯科医師は一般的に高給な職業ですが、経済的なプレッシャーや高い責任感などのストレス要因があるため、困難な職業選択となることがあります。今回のシステマティックレビューとメタアナリシスでは、歯科医師が仕事にどのような満足感を得ているかを調べました。その結果、一般歯科医よりも歯科専門医の方が仕事に満足している可能性があることなどが明らかになりました。

このレビューは、韓国の全北大学とベトナムのフエ大学の研究者によって行われました。1990年から2017年の間に発表された計9件の研究をメタ分析の対象とし、米国、カナダ、中国、韓国、リトアニア、エジプトの歯科医師の意識を調査しました。そのうち8つの研究では、Shugarsらが1990年に開発し、その後この目的のために広く採用されている測定器、Dentist Satisfaction Survey(DSS)の修正版を採用しました。

その結果をメタ分析したところ、76.6%の歯科医師が自分のキャリアの選択に満足していることがわかりました。また、一般歯科医と、矯正歯科医や小児歯科医などの専門医の両方を対象に仕事の満足度を測定した研究では、一般的にこれらの専門医の方が仕事の満足度が高いことがわかりました。全体として、患者との関係、尊敬、ケアの提供、スタッフ、専門家との関係、専門家の環境という6つの要素が、より高い仕事の満足度と関連していることがわかりました。

著者らは考察の中で、分析した研究のほとんどが高所得国で実施されたものであるため、中所得国や低所得国の歯科医師の仕事の満足度についての理解が限られていることを指摘しています。さらに、年齢、性別、公立と私立の歯科サービスの違いなどの要因も分析されていませんでした。

著者らは結論として、「中・低所得国において、ストレス評価を含むDSSを用いたさらなる研究を行うべきである」と述べています。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Brendan Day, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ