2018 China Dental Show (CDS) レポート2

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com


佐野 隆一

 前回はCDSの特徴でもある講演会を中心にレポートしました。今回はいよいよ展示会についてです。
 展示会では、ブースの大きさと数から見ると、インプラント、デジタルに勢いがあるように感じました。特にインプラントはデジタルと相性がよいですし、所得が増え、デジタルが浸透してきている中国社会としても相性がよいのかもしれません。
 2年前のデジタルはCAD/CAM関連の機械が多く展示されていましたが、今回は機械自体を前面に出した展示はあまりなく、CT検査から3Dプリンターでサージカルガイドを作ってインプラントを埋入、その上にCAD/CAMでフレームを作って補綴するという、一連の流れでデジタルが関わっている感じです。

スイスのインプラントメーカー

中国のインプラントメーカー。奥の看板に書いてある「数値化种植」の「数値化」とは「デジタル」、「种植」は「インプラント」の意味


中国のミリングマシン。2年前と比べてこうした機械そのものの展示は少ない

同ミリングマシンで切削されたインプラント上部構造などのフレーム


比較的大きなスペースで2つのCTメーカーが並ぶ

日本企業のブースにもあるCT


デジタルデンティストリーとして、インプラントのサージカルガイドなどを展開している企業

3Dプリンターで製作された模型や顎骨、サージカルガイドなどのサンプル


CAD/CAMを扱うメーカーだが、機械自体は目立つところにはない

2年前の同ブースではCAD/CAMが前面に展示。新製品かどうかで展示場所は変わるが、今年は全体的にCAD/CAMの扱いは小さいと感じた


 もちろん、インプラントやデジタルだけでなく、実際にレジンを築盛することができるブースなどは人が集まり盛況でした。そのほかの製品として、インスツルメントや印象材、歯ブラシや歯科グッズをなども展示・販売されていました。
 日本でも注目されている矯正システムのブースもあり、現地で手に入れた歯科雑誌に掲載されていた最先端の歯科医院紹介にもチラリを出ているあたりが、今後の発展を予感させます。

ブース内のテーブルで実際にレジンを築盛している

パキスタンのブースが並んでいる通り。日頃馴染みのない国なので、特別なものを期待したが、一般的なインスツルメントなどが展示・販売されていた


イギリスのインスツルメントを展示・販売

中国のシリコーン印象材を展示・販売


歯ブラシの展示・販売。このQRコードからお店のHPに行くと、日本の歯ブラシや口腔ケアグッズも通販で購入することができる

歯列模型や置物などの歯科グッズの展示・販売


オーストラリアのトレーナーを使った矯正システム

現地で手に入れた歯科雑誌に紹介されていた最先端歯科医院。クリニックの左側には、この矯正システムを導入したスペースが設けられている


 会場には、いかにも中国らしい?ものや中国らしい?雰囲気も見られます。まずは2列のローラー式電動歯ブラシ。機能としてはわかりませんが、アイデアは面白いと思います。また、どこかのメーカーのマスコットであろう受け口の魚(あんこう?)はなかなか愛らしいのですが、その下を見ると普通にお兄さん?が頑張っているのがわかります。歯科技工所のブースではセラミックのアート的な作品が展示されていました。非常に優れた技術と遊び心があります。 世界のメーカー新製品と一緒に展示されている中国製品やマスコットキャラ、このギャップが非常に中国らしいと感じませんか?

2列のローラー式電動歯ブラシ。模型を使ってデモをしてくれた

毛先の拡大。逆に磨きにくそうな気もするが、アイデアは面白い



会場を徘徊していたマスコット。あんこうのような受け口だが目が愛らしい

普段着のお兄さんが入っているのがわかる格好。妙な親近感



歯科技工所で展示されていた頭蓋骨のモデルとセラミッククラウン

セラミックには勾玉や土偶の顔などが形作られている。アート的な作品


 展示ブースを中心にいろいろ紹介しましたが、本当に中国らしいと感じるのは、会場内に多数ある、日常使用するバーやセメントなどを販売する地元販売店のブースです。そして、日本よりも中国で浸透しているスマホとデジタルの関係性です。ここに2年前と比べて大きく変わってきたと感じたことがありましたので、最後に紹介していきます。お楽しみに!



■佐野隆一 / 株式会社ラボコミュニケーションズ 代表取締役
院内技工士、ドイツ歯科メーカー経験後、歯科技工と研修、コンサルティング業務を組み合わせた歯科医院サポート型ラボを開設。講演や執筆など幅広く活動中。

◆株式会社ラボコミュニケーションズ
Mail:info@ddrc-1.com
URL:http://www.ddrc-1.com

◆書籍
歯科医院のスタッフ全員が取り組める すぐに臨床に活かせるヒントが満載!
『チェアサイドとラボサイドで共有したい 補綴再製をなくすための臨床テクニック24』医歯薬出版株式会社


⇒ 詳細はこちら

2018 China Dental Show (CDS)

・レポート1(前回の記事を読む)
・レポート2
・レポート3

記事提供

© Dentwave.com

閉じる