さらに多くの歯を保存するために、エンドペリオ病変について理解を深めよう!

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

HOME  DENTIST

日々診療をしていて、「この歯は残せるのだろうか」、「残すとしたら、どのようにアプローチしていったらいいのだろうか」と迷う症例は少なくない。
診査・診断の第一歩として、歯科医師は日常的に歯周ポケットの測定、エックス線写真撮影を行うが、

●歯周ポケットが深ければペリオ
●根尖病巣があればエンド


と、分けて考えてしまうことが多い。
しかし、炎症の波及していく経路は同じ1本の歯のつながった組織であることを考えると、それぞれの領域は互いに影響しあっていると考えられる。
この2つの分野は、それぞれ治療法は確立しているが、歯周ポケットが深く根尖病巣と繋がってしまっているような、いわゆるエンドペリオ病変に関しては、治療の手順があまり明確化されていないのが現状である。
一見ホープレスに思えるような歯を保存するためにはどうすればよいか?
 エンドペリオ病変に関する理解を深めることで、この疑問は解消できるかもしれない。
エンドペリオ病変に強くなる書籍発売
インターアクション株式会社より、エンドペリオ病変の治療戦略について特化した書籍『その歯の保存をあきらめない エンドペリオ病変はこう治す!』が出版された。
本書には、「ホープレスに見える歯でもチャレンジしたい!」という歯科医師に向けて、その希望を実現するための着眼点とノウハウをまとめたものである。
まず敵を知る! 成り立ちを正しく理解することで、エンドペリオ病変の治療戦略が見えてくる!


▲各種Evidence から、エンドペリオ病変は保存にチャレンジする価値があることを客観的に解説!


▲臨床的にSimon の分類を解説! Primary Endo、Primary Perio、True Combined の違いを理解すれば、着眼すべきポイントがわかる!

「保存に成功した臨床例から学ぶホープレスと診断しがちな症例への対応法とその予後がわかる!


▲5つの典型的かつ判断に迷う症例から、エンドペリオ病変の治療の流れが手に取るようにわかる!

書籍紹介

その歯の保存をあきらめない
エンドペリオ病変は
こう直す!
【お求めは】もよりのディーラー様 チラシデータをダウンロードの上、ご担当者様にお渡しください。

・シエン社 https://www.shien.co.jp/act/d.do?id=9273
・アマゾン https://www.amazon.co.jp/dp/4909066179
・インターアクション直販 https://forms.gle/kCcKGTDTao5TLpR3A(直販はゆうメールの代金引換便にてお送りいたします。送料および代引き手数料は別途頂戴いたします)

チラシダウンロードはこちらから


記事提供

© Dentwave.com

閉じる