舛添厚労相が有識者とワクチン接種で協議

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

  本格的な流行に入ったとされる新型インフルエンザ問題で舛添厚労相は8月26日、ワクチンの取り扱いなどを巡り有識者、患者団体と意見交換を行った。同省はワクチン接種の対象を妊婦、乳幼児、基礎疾患を有する患者、医療従事者、小中高生、高齢者の約5300万人と想定している。しかし、国内生産は年内に1,700万人分程度とされているため、海外からのワクチン輸入を検討している。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる