▶新規会員登録

ニュース

2009/08/04

学会・学術

痛みの感覚もある歯をマウスで再生

  マウスの写真には、確かに歯が生えていた。  硬さもあり、神経も通っており痛みの感覚もある歯をマウスで再生させた。東京理科大と東北大、東京理科大学、と東北大学の研究チームが3日までに世界で初めて成功したという。  「人工多能性幹(iPS)細胞」などの幹細胞を歯の再生に応用する。 東京理科大学の辻孝教授らが2007年2月に発表した「器官原基法」の応用。細胞を試験管内で培養し、立体的で機能する臓器の形成を目指す技術で。臓器置換再生医療の実現に一歩前進した。  次は毛髪の再生にも取り組む。論文は米科学アカデミー紀要電子版に掲載されるという。

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

keyword

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策