海外歯科技工訴訟 原告の請求を棄却−東京高裁

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

  歯科技工士80人が国を相手取り、歯科技工の海外委託の禁止や地位保全、それに伴う損害賠償を求めていた控訴審で東京高等裁判所(倉吉啓裁判長)は10月14日、「法律上の争訟には当たらない」などとして原告の請求を棄却した。一審判決と同様に海外委託歯科技工の違法性の有無については踏み込まない判決となった。原告側は10月16日に幹部会を開き、最高裁への上告を決めた。
記事提供

© Dentwave.com

閉じる