歯科疾患管理料 要件緩和は継続協議−近藤日歯副会長が示唆

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

日本歯科医師会は3月10日、都道府県歯科医師会社会保険担当理事連絡協議会を東京・市谷の歯科医師会館で開き、平成22年度診療報酬改定の説明を行った。あいさつで近藤勝洪副会長は今回の改定で歯科疾患管理料にかかわる算定要件について「要件を緩和することを約束していたが、出来なかった」と謝罪した上で、「厚労省と話し合いを続けることを確認している」とし、引き続き要件緩和に努力していく考えを強調した。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

臨時の歯科診療所を開設、珠洲市の道の駅に 日本歯科医師会の災害派遣チーム 倒壊などで診療できない状態続く

「早く打ってもらい、安心した日々を」7月から福島県福島市で接種に加わる歯科医師は

「令和4年度診療報酬改定(看護の処遇改善)について」・「医療DXの基盤となるオンライン資格確認の導入の原則義務付け及びこれに伴う診療報酬上の加算の取扱いについて」の答申に対する日本歯科医師会の見解

歯と口で気になること、若い世代は「見た目」 かむ力の低下は全身の衰えを加速させる要因に

日本歯科医師会がロゴ、シンボルマークなどVIを策定 スローガンは「人生を もっと楽しく もっと豊かに」

7月8日、歯周病学ぶ口腔保健シンポ開催 日本歯科医師会、全身疾患に影響する対策がテーマ

「歯科医療に関する生活者意識調査」 半数以上が歯科医院で定期チェックを受けていない

歯科医らの仕事の魅力伝える 小学校に出前授業、日本歯科医師会

新着ピックアップ