歯科用ロボを慶大・大西教授らが開発

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

直接触れているような感覚を得ながらロボットを遠隔操作して手術に当たれる可能性が高まっている。慶應義塾大学理工学部の大西公平教授、同大医学部の河奈裕正講師ら研究グループの開発によるもので、今回は歯科治療向けの支援ロボットが発表された。
記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる