▶新規会員登録

ニュース

2009/10/14

歯科技工士関係

歯科技工の海外委託最高裁へ上告か政治的決着か

 裁判後、弁護士会館で報告会と意見交換、質疑などが行われた。   歯科技工の海外委託は違法なので、このまま終われない。  10月16日、原告団80名の思いを集約し、今後の運動について原告団の幹部が協議する。最高裁へ上告するのか、政治的に決着するのか。対応が注目される。  問題として提起した、憲法上の平等には高裁は、答えを回避した。  司法で解決できないなら、行政、立法、内閣府出の解決が期待さている。裁判を続けてきたから、大きなうねりとなったことは事実。その意味で、この裁判が大きな成果を生んだと言える。 「国民の目を向けさせたい」と脇本征男代表は述べた。

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策