日歯連盟の次期会長は堤直文氏(熊本県歯会長)

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

日本歯科医師連盟の会長選挙は、3月19日に開かれる評議員会で選出されるが、3月2日から5日までに候補者立候補届出をしたのは、堤直文氏(熊本県歯科医師会会長)1名であった。なお、永山一行会長は、次期参議院選挙の候補者選考が暗礁に乗り上げ、その責任を負ったと見られている。 堤氏(67)、は日歯副会長、九州歯科大学卒業。 (日歯連盟役員と連動して、日歯の役員選挙が、注目されるが、箱崎副会長、堤副会長が役員を降板することから、約6名ほどの執行部役員の入れ替えがあると、されえている)
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる