▶新規会員登録

ニュース

2009/10/02

医療関係団体・保険組合

愛知県豊川市内の知的障害者193人に歯科健診

  豊川歯科医師会(青柳明夫会長)はこの4月1日には市町村合併に伴い宝飯郡歯科医師会と合併し会員数が約80人となった。 豊川歯科医師会は休日・夜間診療、障害者診療、健康フェスティバルといった事業を行っている。これらの事業はいずれも地域住民にとって大切な事業。 また、4月には豊川市の補助によりデジタルパノラマX線装置を豊川歯科医療センターに設置しており、今後の診療に大いに役立っていくことがと期待されている。「地域の歯科医療の充実のため会員一丸となって頑張りたい」している。 なお、10月1日、豊川市勤労福祉会館で、恒例となって市内の知的障害者193人に対する歯科健診をボランティアで行った。1988年に始め、今年で22回目となった。 歯科医45人と歯科衛生士51人が参加し、健診やブラッシングの指導などを行った。

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策