▶新規会員登録

ニュース

2009/03/11

歯科技工士関係

大分県の歯科技工士試験出題ミスが6カ所も

大分県が2月25日に実施した歯科技工士試験(国家試験)の、出題ミスが6カ所もあった。19人が受験したが、六つの問題は採点から除外する、としている。 3月13日発表の合否には影響しないそうである。 調査。歯科医8人が分担して問題作成。事務局の県医務課がチェックしたが見過ごしたという。  ミスは、1)化学成分を下顎成分、2)海綿骨を海面骨、3)近心接触点を近親接触点、4)味蕾を未蕾。 また,歯科医師が手書きの模式図を印刷業者が転記ミスしたケースも二つあった。

keyword

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策